FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦火の生贄~姉妹~


 「おねえちゃん、あれ!」
 リリィの指した窓の外を見ると、街から火の手が上がり、空を赤く染めていた。
 「お父さん・・・」
 ミリィは、不安そうに父親を見た、街外れの一軒家とはいえ、そう離れているわけではない。
 ただ事ではないことは、確かである。
 「お父さんが見て来る。いいか、二人ともお父さんが帰って来るまで、決して家から出るんじゃないぞ。」
 そう言い聞かせると、父親は扉を閉めて出て行った。
 「おねえちゃん、がっこう、大丈夫かな。」
 ミリィは、14歳の誕生日を迎えたばかり、街の修道院学校に入学が決まっており、今日にでも街に入る予定であった。
 「大丈夫よ、お父さんもすぐ帰ってくるから。」
 ミリィの言葉は、妹の質問に答えるものではなく、むしろ自分の不安を打ち消そうとするものであった。


 ドン!ドンドン!
 扉を叩く音が響き、姉妹がビクリと体をふるわせた。
 「リリィ、二階に上がっていなさい!私が呼ぶまで降りてきちゃだめよ!」
 ミリィは妹を二階に上げると、扉に話し掛ける。
 「お父さん?」
 返事はない・・・が、再び扉が叩かれる。
 どうしたのだろう、とミリィは扉に手を掛けると、わずかに開いてみる・・・と見慣れた袖口が見えた。
 「お父さん、一体・・・」
 安心して扉を開け放った瞬間、ミリィは硬直した。
 父親は、背中から二本の槍で貫かれ、胸を血で染めている、絶命しているのは明らかであり、目の前に立っているのは、剣を帯び顎鬚を生やした、野人のような男であった。
 一瞬の後、我に帰り悲鳴をあげるミリィの顔を、ぎらついた目で覗き込む髭男。
 「ハ!こりゃあ・・・美味しいところは、みんな騎士サマに持って行かれたとおもったが・・・おい、ご褒美があったぜ。」
 気が付くとミリィは、五人もの男に囲まれていた、髭男をはじめ、皆不揃いの防具に野盗の様ないでたち、おそらくは傭兵だろう。
 「いやぁ!お父さん!お父さん!」
 兵士達は、泣き叫びながら父親の屍に走り寄ろうとするミリィを、後ろから捕まえると家の中に引き摺り込む。
 ミリィは手首を強く捕まれると、そのまま高くつるし上げられた。
ミリィ01
 「へ、お嬢ちゃん、随分と小奇麗にしてるじゃねえか。」
 ミリィは、入学のため街に入る予定であった、用意していた新品のブラウスが引きつり、幼い胸の膨らみが強調される。
simai01.jpg
 髭男は、舌なめずりをすると、真っ白なブラウスの胸元を掴むと、力任せに引き裂いた。
 ボタンが弾け飛び、引き裂かれたブラウスから、白い乳房が除く。
 決して大きいとは言えない幼い乳房だが、少女特有の突き出した張りがある。
 「きゃああ!」
 ミリィの表情が、錯乱から恐怖に変わった、男達の目的をようやく理解したのだ。
 「いや!やめて!」
 ミリィは、逃れようともがくが、屈強な兵士に掴み上げられた手首は、びくともしない。
 もがけば、もがくほど、幼い乳房はふるふると震え、男達の劣情を煽る。
 「かわいいねぇ、色も真っ白だぜ。」
 髭男は、手のひらに収まってしまうほどの乳房を、力任せにつかむ。
 膨らみ掛けの乳房は、ミリィに痛みしか伝えないが、男は白い肌が赤くなるほどに、幼い乳房を弄ぶ。
 「やだぁ!痛い!痛いい!」
 痛みのため、ミリィは、益々もがき暴れる。
 暴れる少女に、面倒臭くなったのか、髭男は別の兵士に合図すると、ミリィをテーブルの上にあお向けにして、手首をテーブルの足に縛りつけた。
 体を固定すると、今度は足首を掴み、華奢な白い足を大きく広げる、これも新品と思われる下着がのぞくと、髭男はナイフを抜いてミリィの腰にあてた。
ミリィ
 「さぁて、ご開帳っと。」
 呟くと、大げさな動作でドロワーズを切り裂く、ミリィは恐怖のため体を引きつらせるが、切り裂かれたのはドロワーズのみで、生え始めたばかりの僅かな若草があらわになっていた。
 「やだやだ!やだぁ!」
 犯されるという感情が現実感を帯び、恐怖に支配されたミリィはもはや、泣き叫ぶだけであった。
 髭男はミリィの悲鳴を聞き、心地良さそうに目を細めると、自らの剛直をミリィの幼い秘裂に当て、一気に貫いた。
 「あくっ!きゃあぁぁっ!」
 ミリィが一段と高い悲鳴と上げる、髭男は満足そうにミリィの細い腰を掴むと、力任せに剛直を叩きつける。
 「いいねぇ、シコシコだぜ。」
 髭男が腰と叩きつける度に、ミリィの身体が大きく揺れデーブルが軋む、フルフルと揺れる胸に目を付けると、握り潰さんばかりに幼い胸を掴む。
 「あっ、くっ、はっはっ、痛い・・・痛い・・・痛い・・・」
 ミリィは、天井と見つめてうわごとのように繰り返す。
 「よし、じゃあ一発目いくぜ。」
 髭男の動きが、益々荒く激しくなっていく、髭男の言葉にミリィは意識を引き戻された。
 「いやぁ!やだ!やだ!やめてぇ!」
 髭男の意図に気づいたミリィが叫ぶが、叩きつける衝撃は益々強くなり、髭男は少女の腰が壊れるのではないかと思うほど奥に突き上げると、幼い子宮に大量の精を吐き出した。
 「くあっ!あああぁぁぁ・・・」
 ミリィの身体が一瞬の硬直の後に脱力する、中に出された衝撃で、目はうつろで何も見ていない。
 髭男はミリィから離れると、閉じていた秘裂は開ききり、大量の精を垂れ流していた。

 「よし、次いいぞ。」
 順番を待っていた兵士が、待ちきれないとばかりにミリィの脚を抱えて、秘裂を貫くをミリィの身体をゆすり始める。
 ミリィが意識を手放したかと思われた時。
 「おねえちゃん!おねえちゃん!」
 再びミリィは意識を引き戻された。
 見れば、二階から大猿のような異形の巨漢が、リリィを抱えて降りてきた所であった。
 「ハァ、ハァ、カ、カワイイナァ。」
 しかも、この大男は、まだ子供のリリィに欲情しているのだ。
 リリィは、いかにもといった子供服に身を包み、髪を三つ編みに纏め、その愛らしい顔は恐怖と涙に歪んでいた。
 「やめて!お願いです!妹だけは、妹はまだ子供なんです!」
 ミリィは、犯されながらも気力を振り絞って叫んだ、愛する妹だけは、自分のような目に合わせてはいけないと、第一リリィはまだ11歳なのだ、屈強な兵士達の陵辱に耐えられるわけがない。
 「おいおい、流石に餓鬼すぎるだろう、ヤれんのか?」
 髭男は、あまり興味がないらしい、なんとか助けられればとミリィが思った矢先に。
 「オデ、コノコガイイ。」
 巨漢が言った、しかも見れば巨漢の剛直は、ズボンをはち切らんばかりに、そそり立っている。
 「やめて!お願いです!お願いですから!」
 「へへ、そういう事だ、お嬢ちゃんはこっちだよ。」
 待ちきれなくなったもう一人の男が、ミリィの口に剛直をねじ込む。
 「フグッ!ゴフッ!ブフッ!」
 小さな口は、限界まで広げられ、進入した剛直が喉まで突き上げる。
 「ゴフッ!ヒュウ・・・コフッ!」
 「お・・・おねぇちゃん・・・」
 幼いリリィにとって、目の前の出来事は理解の範囲外であった、まだ初潮も迎えていないリリィにとっては、性の事など知る由もないのだ。

 「オ・・・オネェチャント、イッショネ。」
 巨漢は、そう言うと力任せに、リリィの服を脱がせていく。
 脱がせるというより、力任せに剥ぎ取るものだから、縫い目はほつれボタンは千切れ、リリィが纏うのは、僅かなぼろきれのみとなった。
 あらわになったリリィの胸は、まだ乳房ともいえない微かな膨らみであり、細枝のような脚のつけ根には、ぴたりと閉じた無毛の秘裂が見て取れた。
 「やぁ!やぁだぁ!」
 姉の姿から自分のされようとしている事を察したのか、巨漢から抜け出そうと小さな身体を動かすが、巨漢がそれを逃がす筈もない。
 「ツルツル、カワイイナァ。」
 微かな膨らみを舐めていた巨漢が、リリィの両脚を掴んで大きく広げた。
リリィH00縮小
 「アガッ!」
 無理矢理に脚を広げられたリリィは、まるで拷問器具に掛けられたようで、これだけで壊れてしまうのではないかと思うほどであったが、それでもリリィの幼い秘裂は閉じたままでであった。
 巨漢は、閉じたままの秘裂に口を付けるを、そのままねぶり始める、リリィは気持ち悪さに身じろぎするばかりであったが、秘裂の周りは巨漢の唾液でべたべたになっている。
 やがて、巨漢はリリィを床に寝かせると、明らかに大きすぎる剛直をリリィの秘裂に押し当てる。
 「ッリリ!ンーーーーー!」
 ミリィが何事か叫ぼうとするが、喉を犯されて声になっていない。
 巨漢は、リリィの脚を掴むと、巨大な剛直をねじ込んでいった。
 「アガァァァ!」
simai04.jpg
 幼い少女のものとは思えない悲鳴があがる、男の巨根を受け入れるに、リリィの身体はあまりに幼すぎた。
 巨漢の剛直は、リリィには収まりきらず、裂けた秘裂からは血が流れ、下腹部には剛直の膨らみが見て取れる。
 リリィは、挿入の衝撃で失神していた、その瞳は焦点を失ったまま見開いている。
 「ハッハッハッ…」
 巨漢は、興奮したままリリィの子宮を突き上げる、小さな身体はガクガクと揺すられ、その度に腹部が剛直の形に盛り上がる。
 やがて、苦痛のためリリィの意識が戻ってくる。
 「ギィッ!ガッ!アーーーーー!」
 最早、悲鳴とも言えない声を上げるリリィ、巨漢は益々リリィの身体を突き上げる。
リリィ01縮小m
 「ハァッ、ハァッ、ハァッ、グォーーー!」
 やがて、巨漢は獣のように吼えリリィの子宮が破れんばかりに突き上げると、幼い子宮に大量の精液を打ち込む、リリィの秘裂からは、納まりきらない大量の精液を血が噴き出していた。
 同時に、ミリィを犯していた兵士達も、達しようとしていた。
 「へへ、嬢ちゃんのお腹をいっぱいにしてやるぜ。」
 「お、おれもだ、ちゃんと飲めよ!」
 兵士の一人が、ミリィの子宮を精液で満たすのと同時に、もう一人が喉の奥に精液を撃ちこんだ。
 「ングーーー!ンーーーーー!」
 男達が離れると、再び髭男がミリィを犯しだす。
 「コフッ!カハッ!ヒッ!」
 ミリィは、精液がむせ返り声にならない。
 巨漢は、興奮が収まらず、続けてリリィを犯していた、リリィは既に意識なく人形のように、巨漢の性欲の赴くままに揺すられていた。
 
 ミリィとリリィが、既に5回は犯されているだろうか、二人とも幼い身体は精液にまみれ、ミリィは僅かに意識を保っているものの、リリィは既に反応を失っていた。
 リリィを犯しつづけている巨漢が、再び絶頂を迎えようとしていると、リリィの身体が痙攣を始めた。
 「ヒュッ、ヒュッ、ヒュッ」
 リリィの気管から、異様な呼吸が漏れる、ミリィがそれに気づいて青ざめる。
 「お願い、もう止めて、リリィが、リリィが死んじゃう。」
 力なく懇願するが、絶頂を前にした巨漢が聞き入れるはずがない。
 「フッ、フッ、フッ、ガーーーッ!」
 再度、巨漢がリリィの子宮を深く突き入れるを、ありったけの精液を発射した。
 同時に、リリィは光を失った目を大きく見開くと、ビクンビクンと痙攣しやがて、動かなくなった。
 「リリィ!リリィ!」
 リリィの死を悟ったのか、ミリィが犯されながら、リリィの名を呼び続ける。
 ようやく、巨漢が満足したように、リリィを放ると、だらしなく広がった脚の間から、どこに入っていたのかと思う程に大量の精液が溢れ出す。
 
 死してようやく陵辱から開放されたかと思われたリリィだったが、陵辱は終わらなかった。
 今まで陵辱に参加してこなかった、傭兵にしては痩せぎすの男が、進み出るとリリィ脚を掴んで持ち上げる。
simai06.jpg
 元々、ぴたりと閉じていたリリィの秘裂は、度重なる陵辱によって、すっかり開ききり幼い穴を覗かせていた。
 痩男は、徐々に冷たくなっていくリリィの身体を、満足そうに持ち上げると、リリィの屍体を犯していった。
 痩男は、反応のないリリィを玩具のように陵辱する、力任せに突き入れては、ガクガクを揺れる頭から舌を吸い上げ、微かな膨らみを弄んでは、再び突き上げる。
simai07.jpg
 悲鳴はおろか、呼吸すら上げないリリィからは、ジュクン、ジュクンと怒張を突き入れる音だけが響いていた。
 やがて、痩男がリリィを一際強く突き上げると、腰を振るわせた。
 
 犯されながら、その様子を見ていたミリィも既に正気の限界だった、目は光りを失い、うわ言のようにリリィの名を繰り返すだけである。
 ミリィを犯していた髭男がつまらんとばかりに、幼い乳房を力任せに握るが、僅かに眉をしかめる程度である。
 反応のないミリィに飽きた髭男は終わらせる事にした。
 「妹の所に連れて行ってやるよ。」
 髭男は、犯しながらミリィの首に手を当てると、徐々に首を絞めていった。
ミリィ02a
 「クヒュッ!」
 僅かに苦しそうな声を出しながら、ミリィの背が仰け反っていく。
 「おおっ!いいぞ、たまんねぇ。」
 髭男は、断末魔の締め付けを楽しみながら、ミリィを犯す。
 やがて、限界まで仰け反ったミリィがビクンビクンと痙攣し、その痙攣を楽しみながら、髭男は精を叩き込んだ。
 
 一方、痩男はリリィの口の感触を楽しんでいる最中であり、ミリィの断末魔を見ながら、リリィの喉奥に精を放っていた。
 ミリィの最後を確認すると、痩せ男はミリィの屍体も犯しにかかる。
 膨らみかけの乳房を、まだ幼い性器を、荒々しく弄び犯していく。
 「よお、いつも思うんだが、それ楽しいのか?」
 男に、尋ねられた痩男は、満足そうな薄笑いを浮かべて応えた。
 「そんなもんかねぇ、よっと。」
 興味に駆られた男が、リリィの屍体を犯しはじめた。
 人形のように、生命を失った幼い身体を、思うが侭に犯す。
 揺すり、叩きつけ、子宮を奥まで押し込む。
simai05.jpg
 「おお、これは…なかなか。」
 巨漢の並外れた巨根に犯されてなお、幼い秘洞は狭く、男に快感を与えていく。
 兵士は、反応のない幼い身体を、奥まで犯しながら、精を放つ。
 「どれ、じゃあ俺も。」
 いつのまにか、全員がミリィとリリィの屍体を弄んでいた。
 子宮を潰さんばかりに打ち込み、喉の奥まで突き入れる、死んでなお形の崩れない幼い乳房を弄ぶ。
 こうして、幼い姉妹を餌に男達の宴は、翌朝まで続いた。
 そして、傭兵達は次の現状に赴く。
 新たな獲物に思いを馳せながら。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。