FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリタニアの魔女


 広場に両手を縛られた女が引き立てられた、どうやらコイツが女王らしい。
 何でも、旦那がくたばった後もイケニの王を名乗り、支配権の継承を宣言したとか。
 馬鹿な女だ、皇帝は女王の擁立など認めちゃいない、要するにこれは反乱って訳だ。
 そのお陰で、俺はローマ第9軍団の兵士として、ブリタニアの辺境まで来る破目になった。
 まったく迷惑な話だ、女王だか何だか知らないが、こっちにしてみれば、魔女みてえな女さ。
 
 しかし、蛮族の女王っ言うから、一体どんな女かと思ったが、思いの他いい女じゃねえか。
 燃える様な紅い髪に、引き締まった身体付き、少々年を食っちゃいるが、ローマには居ないタイプの野生的な美人だ。
 女を取り囲む兵士達も、女の美貌に沸き立っているがさて、このケルト女が一体どうなる物か、隊長が前に進み出ると、両脇に立った兵士が力尽くに女を跪かせた。
 膝を屈しながらも、女は鋭い目に怒りを湛えて隊長を見上げている、成程見た目通りに気の強い女だ。
 いよいよ女の罪状が読み上げられる、何しろ罪はローマへの反乱だ、キリスト教徒達の様に磔にするか、いや紅いたてがみの獅子の様な女だ、いっそ獣に食わせるのも良いかも知れない、俺達は固唾を呑んで判決を待った。
 そして、遂に判決が読み上げられた、以外にも刑は領地財産を没収しての鞭打ちとなった、いささか拍子抜けな感じもしたが、どうやら屈辱を与えてケルト人を丸ごと屈服させようという事らしい。
 とは言え、兵士達もこの判決には盛り上がっていた、そしてかくいう俺も、この美しいケルト女が鞭打たれる姿を思うと、興奮を抑え切れず身震いしたものだ。

 広場の中央には丈夫な杭が打ち込まれた。
 こいつは受刑者の手を縛り付ける物だ、女は中腰に杭を抱える格好で縛られ、まるで繋がれた馬の様に無防備な背中を鞭の前に晒している。
 刑を行う兵士が長い皮の鞭で地を叩く、そのぴしゃりという音に俺達は興奮した、まだか、早くそのケルト女の悲鳴を聞かせてくれ。
 いよいよか、と思ったがここで思わぬ展開となった、隊長の合図でガキが二人、女の前に連れて来られた。
 1人は13歳程と思われる、まだ女と言うには若すぎるが、それなりの身体付きだな。
 短く切った紅い髪を振り乱して暴れようとするが、その身体はマルスもかくやといった体躯の兵士にしっかりと捕えらえている。
 もう1人は、10歳を過ぎたばかりだろうか、こっちはまだまだ子供といった感じのガキだ。
 薄茶色の長い髪を震わせながら、泣き出しそうな顔で兵士の言うがままに、大人しくしている。
 一体何事かと思ったが、互いに呼び合う女とガキ共を見て分かった、どうやら母娘って訳だ。
 母親が鞭打たれる姿を得等席で見せてやろうって訳だ、何と素晴らしい計らいではないか。

 兵士が鞭を振るった。
 びしゃりと女の背で鞭が爆ぜる。
 文字通り、身体を裂く激痛に、女の身体が強張るのが分かった。
 二度、三度と続けて、鞭が踊る。
 その激しく空気を裂く音が響く度、女の服が裂け、皮膚が裂け、鮮やかな赤い肉を除かせる。
 身に纏うボロ布は、もはや服の役を果たさず、たわわな乳房はまるで熟れた果実の様に揺れている。
 鞭の音が響く度、赤毛のガキは喚き散らし、下のガキは目を逸らして震えていた。
 結構な見世物だ、これならばブリタニアくだりまで来た甲斐もある、コロッセオでの見世物もかくやだといった感じだ。
 
 だが一つだけ気に入らない事がある。
 女の背はずたずたに裂け、鞭を振るう兵士にも汗が滲んでいるといのに、女は一向に声を上げないのだ。
 これだけ鞭で叩かれれば、気を失うか場合によっては死に至る。
 ところがこのケルト女は、固く唇を噛んだまま、悲鳴ひとつ上げずに耐え続けているのだ。
 見れば隊長も腕を組んだまま苛々と指を動かしていた、さすが女王を名乗るだけあって大した女だ、だがこのまま殺してしまってはケルト人を屈服させる事は出来ない。
 隊長は鞭打ちを止めさせると、側に兵士に何やら耳打ちした。
 兵士はにやりと笑うと、赤毛の娘を捕えていた屈強な兵士に何やら伝える。
 屈強な兵士は隊長に目を向けたが、隊長が頷くのを見ると、おもむろに娘の服に手をかけ力任せに引き裂いた。

 小振りだが形の良い乳房がふるりと揺れた、娘は一瞬何が起きたのか分からない様な顔をしていたが、自分の身体が俺達の目に晒されているのに気が付いて、今更ながらに甲高い悲鳴を上げやがった。
 兵士達の間から歓声が上がる、兵士はそのまま娘を組み伏せようとしたが、娘が派手に暴れる物だから、なかなかに苦労している。
 ここに来て、ようやくケルト女も声を上げやがった、いくら鞭打たれても声を上げなかった女が、娘の危機を目の前にやめてくれと喚いている。
 これを機に、俺達は益々盛り上がった。
 娘は兵士の手から逃れようと、小振りな乳房を揺らして、肉付きの薄い尻もあらわにしながら暴れ回る
 周りを囲む兵士達は、どうしたどうしたと囃し立てながら、兵士と娘の取っ組み合いを楽しむ。
 剣闘士の試合ですら、これほど刺激的であるものか、若い娘の身体はしなやかで、体格に勝る相手に健闘したが、遂には後ろから捕まりうつ伏せに押さえ付けられた。
 
 兵士は娘の髪を掴んだまま、剛直をしごき上げる、何と言うかまぁ体格に見合った中々のモノだ、それを後ろから突きつければ、じたばたと暴れて見せるが、こうなったらもう逃げられやしない。
 一層激しく暴れる娘の身体を押さえつけたまま、弾む様な張りの小振りな乳房を力任せに掴む。
 痛みの為か娘がその身体を硬直させた瞬間、兵士はそのご立派な杭を突き入れた。
 引く裂くような娘の悲鳴が響いた、まだ幼さの抜けきらない瞳をいっぱいに見開いて、ぶるぶると震えている。
 兵士はそのまま容赦なく、何度も力任せに突き入れる、それはまるで獅子に捕えられた若い雌鹿のみてえだった。
 思うままに娘の身体を犯していた兵士だったが、取り囲む兵士からの良く見せろとの声に、娘の身体を持ち上げると下から突き上げる形にした。
 まだ若い娘だとは思ったが、その身体は未だ女として未発達だった様で、丸見えになった下半身には、僅かに産毛の様なものが生えているだけだった。
 おかげで、縦割れを裂いて突き上げる串刺しの杭が良く見える、小振りな乳房も垂れる事無く、張りを保ったまま兵士の動きに合わせて揺れてる、これも未発達な子供故だろう。
 ケルト女にも、妹の方の娘にも、その姿をよおく見せ付けてやった。
 指で開いて見せても花弁もろくに見えない、子供みたいな縦割れを剛直が突き上げる度、娘は搾り出す様な呻き声を上げる。
 母親のケルト女はもうやめてくれと懇願し、妹の方はただ呆然と姉が剛直に貫かれる様を見ている。
 ごつごつと娘を突き上げていた兵士、どうやらそろそろ達するらしい。
 それを受けて回りの兵士達は、ぶちかませ、孕ませろと、口々に声を上げた。
 ケルト女は取り乱し、妹の方は…どうやらよく分かってないらしい、当の娘はやめてと喚きながら兵士腕の中から抜け出そうとするが、それを許す筈がない。
 娘の身体をがっしりと掴むと、杭を深々と打ち込み、おそらくはその最奥で兵士は達した。
 陰嚢が何度も脈打ち、娘の胎に精を送り込んでいるのが分かる、兵士が腰を震わせる度に娘の瞳は絶望の色に染まり、うわごとの様にいやいやと繰り返す。
 小生意気なガキとおもったが、どうして中々いい顔をするモノだ。
 兵士がずるりと杭を引き抜くと、娘はどさりと力なく倒れた、生きてはいる様だがさっきまでの覇気がまるでない、倒れたままに小さく身体を震わせると、開いたままの縦割れからごぼりと白いモノがあふれ出す、これはまた随分と出したものだ。

 俺達は先を争う様に、娘の身体に群がった…とはいえこれだけの人数だ、赤毛の娘だけじゃ数が足りん。
 いや違う、そうだガキならもう1人いるじゃないか。
 俺達が目を向けると、ガキは恐怖も露にした顔で小さく後ずさった。
 見るからに子供といったガキだが、恐怖に小さな身体を震わせる姿は、何ともそそる物がある。
 俺達がその身体に手を伸ばしてもガキは大した抵抗もしなかった、いや抵抗しようにも恐怖で身体が動かなかったのだろう。
 代わりに声を発したのは母親のケルト女だ、赤毛の娘の時より更に大声を上げて喚き立てる、まだ子供だ?そんなの見りゃ分かる、ガキでも一応は女だろう。
 すすり泣くだけのガキから乱暴に服を剥ぎ取った、流石に恥ずかしいとは感じる年頃か、前屈みに身体を隠そうとするが、後ろに立った兵士がか細い腕を掴んで羽交い絞めにする。
 思った通りのガキらしい貧相な身体付きだ、胸も尻も薄く、腰には括れも見当たらない。
 いや、よく見れば胸の先が僅かに突き出しているか、とても乳房なんて言える物じゃないが、まるっきりの子供という訳でもないらしい。
 その貧相な胸に手を当ててみた、肉付きに薄い胸は触り甲斐もなく、固いしこりが当たるだけだ。
 その先端も、未だとても乳首と言えない様な尖りがあるだけ、とても揉める様な大きさじゃないので、俺はそのしこりを摘み上げてみた。
 ふむ、これはこれで中々面白い手触りだな、膨らみ始めの胸は敏感だと聞くが、確かにその通りだ、但し敏感なのは専ら痛みに対しての様だが。
 よく見ればガキとはいえ、なかなかいい顔立ちをしている、これなら痛みに泣き叫ぶ様も、見ごたえがある。
 
 さて、ガキの下は一体どうなっている物か、俺達は細い脚を抱え上げると左右に引っ張った。
 ガキとはいえ、これには脚を開くまいと非力な力で抵抗するが、所詮はガキの力、大人にかなう訳もなく、か細い脚は大きく左右に広げられた。
 まるで股裂きの刑だな、力尽くに股を開かされた姿は、ガキとはいえ少女にとっては恥かし過ぎる格好だろう。
 それにしても見事にガキだ、つるりとした股座には毛の1本も生えちゃいないし、そして女の部分はと言うと、小さな2枚貝の様にぴたりと閉じた縦割れがあるだけ、いやコイツはとても女とは言えないな。
 こんなガキにも孔はあるものか、俺はそのぴたりと閉じた貝殻に手をあて、ぱくりと割って見せた。
 何とも鮮やかな色だ、これは肉の色、身体の外に触れた事の無い新鮮な臓物の色だ。
 襞もなく、単純な造りのその奥に小さな孔があった。
 流石に小さい、やや強引に指をねじ込むと、ガキが苦しげに仰け反った、俺は構わずに指を動かしてみるが流石に狭い、指1本でもぎちぎちと締め付けて来る。
 このままでは無理と思った俺は、自分のモノに唾液を垂らして濡らすと、その小さな孔にあてがい体重をかける。
 やはり入口が固い、強引に孔をこじ開けながらねじ込んで行くと、ガキが手足をばたつかせて泣き叫ぶ。
 まったく面倒臭いガキだ、俺はじたばたともがく小さな身体を押さえつけると、押し潰すみたいに突き入れた。
 ガキが酷い悲鳴を上げた瞬間、みしりと固い肉をかき分けて、俺の肉槍が半分程ガキの股座に突き刺さっていた。
 閉じていた貝は限界まで割り開かれ、当のガキは目をひん剥いたまま、陸に打ち上げられた魚みたいに、口をぱくぱくさせてやがる。

 ガキの孔は、大人の女と違って内側までつるりとしているが、痛いくらいに狭く、その固い肉を割り裂いて突き入れるのがたまらない。
 問題なのは底が浅い事だ、半分も突き入れれは奥底に突き当たる。
 まあ、壊れたらその時はその時だと、突き当たるままにガキの胎を突き上げた。
 まるで鳥が絞められた様な声を上げて、ガキの身体が跳ねる、見れば肉槍は根元まで突き刺さり、つるりとした下腹がぽこりと突き上げられている。
 こいつは面白いと、何度も胎の奥まで突き入れた、今まで経験した事のない快感に、熱いモノがこみ上げる。
 そういや聞いていなかったな、はたしてこのガキ、女になっていたのだろうか?
 まぁ、どっちでもいい、孕もうが孕むまいが、この小さな子宮に全部ぶちまけてやる。
 俺はガキの細い腰を引き寄せると、奥の奥まで突きいれ、熱い精を吐き出した。
 背筋に熱いモノが走る、勝手に腰が震えて、凄まじい勢いで何度も何度も、小さな胎に注ぎ込む。
 気が遠くなる様な射精を終えて、ガキから離れたが、ガキはだらしなく手足を広げたまま、ぐったりと横たわっている。
 時折身体を震わせている様子を見ると、生きてはいる様だが、綺麗に閉じていた貝は、赤く腫れ上がって開いたままに白濁を垂れ流していた。
 まるで犯してくれと言わんばかりの格好に、次の兵士がガキの胎を陵辱する。
 俺はというと、今度は赤毛の娘をいただく事にした、年若い娘とはいえ、下のガキに比べればその肉は柔らかく、また違った味をしてやがる。
 何よりも、乱暴に扱っても形を崩さない小振りな乳房が素晴らしい、そいつを力任せに握りながら、俺は何度もその胎に突き入れた。
 あぶれた連中はと言うと、ガキ共の口や手、果ては髪まで使って欲求を晴らしていた。
 ガキを膝に乗せ、下から突き上げながら、別の兵士が小さな口をこじあけ、喉奥まで突き入れる。
 赤毛の娘も、もはや抵抗する気力も無いと見るや、皆で抱え上げ体中の孔を犯し尽くした。
 ただし、母親のケルト女は犯さない、母親だけは犯すなとの隊長の命令だ、杭に繋がれたまま目の前で娘達がぼろぼろに犯されて行くのを、血涙を流して見ているしかない。
 そう、彼女には、身代わりに犯される事すら許さない。
 
 そうして、俺達はガキ共を思うがままに、犯し尽くした。
 二人ともかろうじて生きてはいたがね、身体中をぼろぼろしされて、白濁に塗れていたな。
 あれじゃあ、もう孕む事も出来ないだろう。
 
 だがな、失敗だった。
 アイツらは、あそこで殺しておくべきだった。
 まさか、全てを失った女が、10年足らずで20万の兵を上げるとは、誰も思わなかったさ。
 やはりアイツは魔女だった。
 見ろ、このロンディニウムを、男も女も、子供も老人も、兵士も商人もお構い無しだ。
 奴等は、捕虜はおろか、奴隷にすらしなかった。
 
 あの丘を見ろよ、串刺しにされた女達が、まるで森や林の様に並んでやがる。
 ああ、あんな美しいローマの女神が何て事だ、何でも乳房を切られ、口に詰められたまま串に貫かれたとか。
 あの木を見ろよ、実った果実の様に吊るされた子供達が、風に揺れている。
 未だあどけない少女じゃないか、あんなに身体中を汚されて、ぼろぼろになって、死ぬまで陵辱されたらしい。
 首を並べた兵士達、消し炭になった老人、身体ごと左右に裂かれた婦人、磔のまま犯された娘。
 
 ちくしょう、ブリタニアの魔女め。
 絶対に殺してやる、ロンディニウムも、カムロドゥヌムも、ウェルラミウムも。
 この仇は、絶対にとってやる。
 
 呪われろ、ブリタニアの魔女。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
蟲鬼~松坂医院~


 「あら、美紗ちゃん、まだ起きてたの?」
 呼びかけられた優しげな声に、少女は読みかけの文庫本から顔を上げた。
 「あ…はい…ごめんなさい、もう休みます。」
 「ふふ…いいのよ、まだ消灯まで少し時間があるから。」
 そう言ってベッドの上の少女に語り掛ける白衣の女性、早苗は今年に新任の看護師になったばかりで、今は父の経営するこの松坂医院で手伝いをしていた。
 この小さな町で、唯一の医療機関である松坂医院は、松坂医師の人徳もあり、子供から老人までが通院のみならず「先生」への相談や、時に世間話に訪れている。
 「やれやれ、うちは公民館ではないのだけどなぁ。」
 高齢になる御婦人達の世間話に付き合わされながら、困ったように笑う松坂先生であったが。
 「本当、困ったものね。」と苦笑しながら肩をすくめる早苗に対して。
 「ははは…まぁ、それでも町の皆が元気でいるなら、それが一番だよ。」
 そう言って、最近皺の深くなってきた目を細めて見せた。
 早苗にとっても、町の老人や子供達の相手をするのは、都会の研修では得られなかった事で、この医院に勤める楽しみの一つであった。
 もっとも、隙あらばその白衣の裾をめくりたがる、悪戯ざかりの少年や、顔を合わせる度に見合いを勧めて来る世話好きの婦人には、悩みの種となる事もあるのだが。
 
 そんな松坂医院に、一週間ほど前から一人の少女が入院していた。
 御崎 美紗、幼い頃より小児喘息を煩っており、もう6年生になるというのに小柄で身体つきも細く、同学年の少女達より一学年は下に見れる。
 激しい運動を禁じられている事から、必然と室内での読書で過ごす時間が多くなり、その肌は夏だというのに透き通る様に白く、背中まで伸ばした艶やかな黒髪と相まって、いかにもサナトリウムの美少女といった感じであった。
 美紗は、読みかけの文庫に栞を挟むと、枕元にそっと置く。
 「あら、今日は随分とご機嫌なのね。」
 病気のせいか、何かと沈みがちのその顔に、穏やかな笑みを見て早苗が声を掛ける。
 早苗にとって、医院を訪れる患者は皆大切な人達であったが、こと美紗に関しては、一人っ子の早苗にとって、年の離れた妹が出来た様で随分と気に掛けていた。
 また、その気持ちは美紗にとっても、嬉しいものであり、病気は辛くとも早苗と過ごせる時間を、美紗は大切に思っていた。
 「はい…今日は、調子がよかったので…いつもより、たくさん本を読めました。」
 美紗の顔に、少女らしいあどけない笑顔が浮かぶ。
 それは早苗にとって、とても大切な笑顔、やはりこの子には、こうして笑っていて欲しい、この子が喘息の発作に苦しまない様に、早く病気を治してあげたいと思う。
 「そう、それは良かったわね、私にも教えてくれるかしら。」
 早苗の言葉に、美紗はゆっくりと今日読んだ本の内容を語りだす。
 他に楽しみが少ないとはいえ、もともと読書を好む少女である、こうして早苗と本の内容について語り合うのは、美紗にとって幸せな時間であった。
 「……それでね、次の扉には、壺の中のクリームを顔や手足に塗ってくださいって書いて…コホッ…コホッ!」
 いささか興奮していたせいか、咳き込む美紗の背中を早苗の手が優しく擦る。
 「少し冷えてきたかしら、今日はもう休みましょ。」
 横になった美紗に毛布を掛けると、二度ほど頭を撫でて部屋の明かりを消す。
 「おやすみなさい、早苗さん。」
 「おやすみ美紗ちゃん、また明日ね。」
 鈴の音を思わせる様な声に答えて扉を閉めると、医院の残務を片付けるべく、早苗は病室を後にした。


 なにやらの音がした様で、美紗は目を覚ました。
 時刻は夜9時を回った頃、町はいつも通りに静かなまま。
 気のせいかと、再び横になろうかと思った瞬間。
 ガシャン!という大きな音が響き、美紗はその細い身体をびくんと跳ねかせた。
 「なんだろう、すごい音。」
 もしかしたら、早苗が機材を倒してしまったのだろうか?
 美紗は、枕元の文庫を手に取ると、それを胸に抱えて病室の扉を開ける。
 薄暗い廊下に出て初めて気が付いた。
 静かすぎる、この季節なら夜の音とも言える虫の鳴が、まったく聞こえないのだ。
 恐ろしい…美紗は胸にした文庫本を、ぎゅっと抱きしめる、早苗はどこだろう、早く早苗に逢いたい。
 廊下の先、診察室の窓に明かりが灯っていた、きっとそこには早苗か松坂先生がいる、「どうしたの? 怖い夢でも見たの?」と笑いながら、優しく頭を撫でてくれる。
 震える脚を急がせて診察室に向かう、見れば、扉の曇り窓だけでなく、僅かに開いた扉の隙間からも、明かりが漏れている。
 「……ぁ………ゃ…ぃ……ぅぁ………」
 扉から聞こえる声は、間違いなく早苗のもの、しかし、その声は何時もの明るく穏やかな早苗と違う、苦しげな声。
 一体どうしたのだろう、美紗はそっと、扉の隙間から覗き込む。
 「………………っ!!」
 思わず息を呑んだ、悲鳴すら上げられなかった。
 それ程に目の前の光景は常軌を逸していた、まるで嵐にあった様に荒らされた診察室、ベッドも診察台も倒れ、医療用の機材は壁に叩きつけられ滅茶苦茶に変形していた。
 そして、何よりその室内で蠢いているモノ、それはまるでの巨大な怪物、艶やかな殻に覆われた体節に鋭く伸びた四対の肢、一見すると蜘蛛の様でもあるが、その大きさは成人男性をも優に凌ぐ。
 その巨大な異形の下、四つん這いの格好で組み伏せられているのは、まぎれもなく早苗であった。
 粘着性の粘糸に四肢を囚われ、清潔な白衣はずたずたに引き裂かれてしまっていた、露になった形の良い尻を突き出した格好で、「く」の字に曲げられた大蜘蛛の腹尾からずるり伸びた節状の器官が、早苗の秘裂を貫いている。

 美紗はその光景を目の前に、口に手を当てたまま立ち竦むばかり。
 六年生ともなれば、ある程度男女の事柄も心得ている、ただ未だ幼い少女にとっては、それもまた未来の恋に憧れを抱く程度のものでしかなかった。
 しかし、いま目の前で起きている出来事は、とても性行為と呼べるものではない、異形の怪物に捕食されるが如くに組み伏せられ、見るもおぞましい器官で串刺しにされ、陵辱されているのだ。
 「うあああっ!! いやっ! なんでこんなっ…ひぎいいいぃぃっ!!」
 大蜘蛛の節状の器官が顫動し、早苗の胎を突き上げる。
 成人男性の性器に比べて二回りは大きいその器官は、女性として成熟を迎えている早苗のであっても、その体格に見合うものではなく、それは秘裂から膣壁を押し広げ、その奥の子宮まで蹂躙する。
 女性らしいしなやかな身体を、ごつごつと乱暴に突き動かされながら苦悶の声を上げる早苗、その柔らかな内腿をつたう赤い色が痛々しい。
 姉の様に慕う憧れていた女性の無残な姿に、美紗はただ呆然と立ち竦む事しか出来なかった、いつしかその色白い頬を涙が伝っていたが、当の美紗はその事にすら気づいていない。
 「あぐぅぅっ!! いぃっ! ひっ! ひぃっ!」
 ずくずくと早苗を突き上げる器官が、一層激しく顫動する。
 「ひぃっ! いやっ!! お願ひぐっ! やめてっ…やめてぇっ!!」
 端正なその顔を恐怖に歪めて、取り乱す早苗、未だ男を知らぬ身であったが、大蜘蛛の動きから女の本能が最悪の警告を訴えていた、「この怪物は私を孕ますつもりだ」と…
 「いやぁっ!! いやいやっ! こんなのいやぁっ!!」
 ずびゅるるっ!
 子宮口をこじ開けながら突き込まれた器官から、どろりとした液体と共に幾つもの卵が産み落とされる。
 「あ…ああ………そん…な……い…やぁ………」
 ひとつ、またひとつと自分の胎内へと送り込まれる異物、その絶望的な現実に、早苗はただ涙を流し震えていた。

 突如現れた怪物に処女を散らされ、あまつさえ、その異形の卵をその胎に受ける。
 あまりに過酷な現実に、早苗の心は今にも壊れんばかりであった。
 しかし、それでも早苗は、その心を手放す事が出来なかった。
 がたんという物音に、うつろな目を向け早苗は息を呑んだ、僅かに開いた扉からその目に映るのは、大切にしてきた少女の姿。
 「美紗…ちゃん……」
 同時に大蜘蛛も、扉の後ろに隠れた小さな獲物を見つけ出す。
 鋭く伸びた異形の節足がその一撃で、扉を吹き飛ばし、恐怖に震える美紗の姿が丸見えになる。
 「美紗ちゃん! 逃げて、美紗ちゃん!!」
 妹の様に思ってきた大切な女の子、この子だけは守らなくては。
 「ひ……い…いや……」
 早苗は大蜘蛛の粘糸と捕らえられたまま、美紗の名を叫ぶ、しかし当の美紗は、ぺたりと床に座り込んだまま動けずにいた。
 「お願い! 美紗ちゃんと助けて!! 誰でもいいからぁっ!!」
 その小柄な身体を捕らえんと伸ばされる2本の肢、早苗がいくら悲痛な叫びを上げようとも、異形の本能を止められる筈もない。
 
 ……キキ……キキキ……

 恐怖に怯える美紗へと伸ばされた肢が、見開いた目の前で、ぴたりと止まった。
 ただ震えるだけの獲物を目の前に、何故その動きを止めたのか。
 ……キキ……
 二人は、ようやく異変に気が付いた、医院の周りから聞こえる野猿の様な声。
 診察室を取り囲む様に近付いてくるその声に、大蜘蛛はその大顎をかちかちと鳴らして、周囲を威嚇する。

 ガシャン!!

 診察室の窓を割り、小さな人影が飛び込んできた。
 同時に大蜘蛛は、その鋭い前肢を降り下ろすが、野猿の如き素早さで、その攻撃をかわす。
 「…………っ!!」
 二人は、目の前の光景に、ただ息を呑むことしか出来なかった。
 窓から飛び込んで来たのは、身長1メートル程の小さな人型、だがそれは紛れもなく異形の者であった。
 その姿は、まるで栄養失調の子供の様に痩せ、下腹だけがぽっこりと膨らんでいる、そして何よりも異様なのはその顔、肉食獣の様な牙に、らんらんと光る紅い目、頭部からは鍵爪の様な角が突き出している。
 「………お……に…」
 美紗の口からこぼれた言葉通り、それは、古来より餓鬼と呼ばれる鬼であった。
 とはいえ、今や鬼などと言うのは御伽噺くらいのもの。
 目の前の大蜘蛛といい、早苗も美紗も、目の前の光景をとても現実として捉える事が出来ない。
 
 キキッ…キキッ…

 窓を割り、次々と餓鬼が飛び込んで来る、その数は今や8匹。
 それらは、けたたましい鳴声を上げながら、大蜘蛛を取り囲む。
 目の前の餓鬼に対し、大蜘蛛が前肢を振り上げた瞬間、餓鬼の一匹が後肢に取り付いた。
 子供程度の体格の餓鬼のとって、その肢は抱え込む程の大きさである、だがその小さな身体からは考えられぬ膂力で、餓鬼はみしみしと大蜘蛛の肢を捩じ上げる。
 ばきりと嫌な音がして、大蜘蛛の節肢がその間接の節から千切れ落ちた。
 千切れた間接から緑色の体液を流してのた打ち回る大蜘蛛に、餓鬼が一斉に襲い掛かった。
 体節に爪と立て、肢を千切り、腸を抉る。
 キッキッ…
 キッキキッ…
 キッキッ…
 餓鬼は嗤っていた、まるで幼い子供が無邪気に虫を千切るが如く残酷さで、大蜘蛛の身体を解体していく。
 その凄惨な光景に、二人は耐え切れずに目を逸らす。
 そして、餓鬼達は大蜘蛛が息絶えるまで、遊び尽くすと、今度は廊下に座り込んだままの美紗に目を付けた。
 
 「……あ…あ…」
 餓鬼達の視線を受けて、美紗は震え上がった。
 あの恐ろしい大蜘蛛は死んだ、しかしそれは「救い」では無い、いま目の前に居るのは、その大蜘蛛をいとも容易くそして残忍に殺した鬼なのだ。
 「…ひ…きゃああぁぁっ!!」
 餓鬼達は、美紗の小さな身体を、掴むと軽々と診察室に引きずり込む、悲鳴を上げた美紗の手から、大切に抱えていた文庫本がこぼれ落ちた。
 『二人はあんまり心を痛めたために、顔がまるでくしゃくしゃの紙屑のようになり、お互いにその顔を見合わせ、ぶるぶるふるえ、声もなく泣きました。』
 無意識に伸ばした手の先、開いた頁に、そんな一文を見て美紗は泣いた、どうしてこんな事になったのだろう、自分も早苗さんも、何も悪いことなんかしてないのに。
 美紗の細い手足は餓鬼達に拘束されている、美紗よりも一回りは小柄な餓鬼であるが、その膂力は凄まじく美紗がどんなに抜けようとしても、びくともしない。
 このまま、あの大蜘蛛の様に、ばらばらにされてしまうのだろうか。
 そう思った矢先、餓鬼の1匹がパジャマの襟首を掴んで、強引に引っ張った。
 「あうっ! いやあぁっ!」
 ぷちぷちとパジャマのボタンが弾け跳び、美紗の薄い胸が露になる、透ける様な白い肌に膨らみかけの乳房、6年生にしてはやや未発達な美紗であったが、薄いなりにもその胸は少女となるべく準備を始めていた。
 キッキキッ…
 キッキキッ…
 餓鬼が嗤っている、幼げな身体に向けられる好奇の視線、美紗はそれがとても嫌な感じであったが、その華奢な腕は餓鬼に捕らえられ、胸を隠す事もままならない。
 「…んんっ!」
 餓鬼の長い舌が、幼い胸をじゅるりと舐め上げる、つんと突き出した膨らみかけの乳房は脂肪も薄く、その頂もようやく薄い桜色に色付き始めたばかり。
 「いたっ! 痛いよぉっ!」
 服が擦れるだけでも痛い未発達な乳首を舌先で刺激し、未だ硬い乳房の芯まで容赦なく責め立てる。
 「やめてっ! その子に手を出さないでっ!」
 早苗が悲痛な声を上げる、幼い美紗と違い彼女は気付いてしまったのだ、餓鬼達が美紗を玩具の如く嬲り者にしようとしている事に。
 直ぐにでも美紗の下に駆け寄りたいが、早苗の身体は大蜘蛛の粘糸に囚われたまま、ただ声を上げる事しか出来ないのが無念である。
 キッキッ…
 キッキッ…
 3匹の餓鬼が、動けぬ早苗を取り囲んだ。
 彼らは、早苗をからかう様に、その周囲を回って見せると、その鋭い爪で早苗の服を引き裂いた。
 「…っ!」
 今やその尻だけでなく、形の良い乳房までもを露にする早苗。
 しかし、早苗にとって餓鬼が自分に興味を持てば、美紗を助けられるかもしれない、自分は既にあの大蜘蛛に陵辱された身、美紗だけは何としても助けたいと、そう考える事とした。
 餓鬼達は動けぬ早苗に対し、まるで悪戯するかの如く、その柔らかな身体を弄ぶ。
 「うああぁぁっ!」
 まるで母親にじゃれつく幼児の様に、張りのある乳房に手を伸ばした餓鬼が、いきなりその鋭い爪を立て血を滲ませる。
 苦悶の声を上げる早苗の姿に喜びながら、今度は色素の薄い乳頭を食い千切らんがかりに歯を立てる。
 「いぎいいぃぃっ!! だめっ! ちぎっ…れるぅっ!!」
 餓鬼の責め苦に悶絶する早苗に対し、キィキィと声を上げて喜ぶ餓鬼。
 そして、遂にはその目の前に、そそり立つ自らの性器を突きつけた。
 「そん…な……う…そ…」
 その子供の様な身体の大きさから想像し得るものを、遥かに超える異形の肉槍。
 太さこそ成人男性並みのモノであるが、その長さは30センチ近くにもなる、周囲は硬い肉瘤が覆っており、鋼の如き硬さで天を突く。
 同時に同じ物を目の前に突きつけられた美紗の衝撃は、早苗の比ではなかった。
 美紗の知る男性器の知識は、せいぜい「おちんちん」という程度のもの、無論、勃起した男性器など見た事はない。
 ところが、いま目の前にしているモノは、人間とは一線を画す異形の肉槍、先端より雫を垂らしてひくつくそれは、美紗にとっては恐ろしい凶器である。

 餓鬼は、美紗の頭を掴むと、言葉もなく震えている小さな唇にその槍先を突き付け、強引に咥内へと突き入れた。
 「むぐぅっ!! んふううぅぅっ!!」
 愛らしい小さな唇を割って、異形の肉槍が咥内を蹂躙する。
 限界まで開かれた口を通って、到底収まりきらぬ肉槍が喉奥まで突き入れられる。
 「うえぇっ! もひゅ…じゅ…ふゅる…ひ…」
 肉槍の雫と唾液の混ざりものが、咥内からあふれ出し、餓鬼の突き入れる度、じゅぷじゅぷと下品な音を立てる。
 それは、色白の幼い少女には、およそ似つかわしくない光景であった。

 「やめてぇっ! その子は…美紗ちゃんは、まだ子供なのにっ! う…うう…」
 美紗への陵辱に、涙交じりの声を上げる早苗。
 しかし、餓鬼達は容赦なく早苗にも、陵辱の手を伸ばす。
 四つん這いの早苗の後ろからは、いつの間にか回り込んだ餓鬼が、その秘裂を貫かんとしていた。
 「…え!? ま…待って、まってひゅぐうううっ!!」
 いきなり突き入れられた肉槍は、その大きさ故に一気に際奥まで到達していた。
 「…は……お…お…」
 先の大蜘蛛に続いて、再び子宮口をこじ開けられる苦痛。
 「は…ぐ だめっ! そごっ! そごっ…はいらな…びいいぃっ!!」
 異形の肉槍は、柔らかな秘肉を割り狭い門をこじ開けながら、早苗の胎内を突き上げる。
 ぶちゅ ぶちゅん ぶちゅぢゅん
 胎の奥での異様な不快感、子宮口をこじ開けられる苦痛だけではない。
 早苗はその正体に気が付いた、子宮内まで蹂躙する餓鬼の肉槍が、胎内に産み落とされた大蜘蛛の卵を潰しているのだ。
 「おぶっ! ひぃぐっ! おうえぇぇぇっ!!」
 熱く硬い肉槍で胎の奥をかき回され、あまりの不快感に吐きそうになる。
 
 一方、咥内を犯される美紗についても、餓鬼達がパジャマのズボンに手を掛け、下着ごとそれを引きずり降ろす。
 つるりとした、肉付きの薄い子供の尻が丸見えになっていた。
 「んむっ! んんーっ!!」
 美紗は恥ずかしさに、細い脚を閉じようとするが、餓鬼はそれを許さない。
 じゅるりと唾液を垂らして、餓鬼が美紗の白い尻から幼裂を覗き込む。
 未成熟な少女だけの無毛の縦割れ、そのぴたりと閉じた幼裂を割る様に、長い舌を差し入れると、小さな尻がぴくんと跳ねた。
 小さな口を肉槍に塞がれ、悲鳴も上げられないままに、美紗は何とか「大事な所」を守ろうとするが、その必死の抵抗も囚われた身体ではままならず、餓鬼の目の前で小さな尻を振って見せるものでしかない。
 キッキッ…
 そんな美紗の姿に、餓鬼は嗤いながら未成熟な幼裂を甚振っている。
 未熟な白桃を割り開き、襞も発達していない淡い花唇まで舌を差し入れ、何度も何度も舐め上げた。
 餓鬼の汚らしい唾液に、美紗の白桃はまるで蜜を垂らしたかの如くてらてらと光っているが、無論それは未成熟な少女にはあり得ない事である。
 しかし、餓鬼は無情にも、その未成熟な少女の蕾を摘み取らんと、凶悪な肉槍を幼裂に突きつけた。

 「やめてぇっ!! その子は!その子だけは許して!!」
 自らが気の狂わんばかりの陵辱を受けているにも拘らず、早苗は美紗だけは許してと声を上げる。
 大切な少女が、今まさに陵辱されようというのに、叫ぶ事しか出来ない早苗の口を餓鬼の肉槍が塞ぎ。
 同時に美紗の幼裂を禍々しい凶器が貫いた。
 「~~っ!!」
 ぶちぶちと無垢な少女の証を引き裂いて、熱い肉槍が幼い秘洞を串刺しにする。
 美紗のあどけない眼は、感情も読み取れぬ程に大きく見開かれ、あふれ出す涙だけがぽろぽろと零れ落ちる。
 キッキキィ
 美紗を貫いた餓鬼は、残酷な笑みを浮かべると、腰を振り未発達な胎の奥まで突き上げる。
 肉槍を覆う瘤が幼裂を巻き込みながら、固い秘洞をごりごりと擦り上げ、半分も収まらぬうちにその奥底に到達するが、小さな唇を無骨な肉槍に塞がれたた美紗は、悲鳴を上げる事すら出来ない。
 餓鬼達は、その欲望の赴くままに、美紗の小さな身体を陵辱する。
 つるりとした白桃を割った凶器を、無理矢理に突きいれては幼い子宮まで蹂躙し、とうてい咥内に収まりきらぬ肉槍が喉を突く。
 美紗は抵抗も出来ず、その小さな身体をがくがくと揺すられるのみ、未成熟のまま貫かれた器は餓鬼が貪る度に、外目にも分かる程深く胎を突き上げる。
 キッキィッ!
 キキィッ!
 餓鬼達が一斉に歓喜の声を上げる。
 二人を責め立てる肉槍が膨れ上がり、熱い白濁が噴出した。
 「おふっ! ぶふぅっ!」
 早苗の口から大量の白濁が溢れ出す。
 美紗の未成熟な子宮を、鬼の精が満たして行く。
 早苗の胎の中で、潰れた蜘蛛の卵と鬼の精が交じり合う。
 美紗のあどけない顔は、大量の白濁に汚され美少女の見る影もない。

 どさりと倒れる二人の身体、形の良い白桃の様であった筈の美紗の秘裂は、ぱっくりと開いたまま鬼の精を垂れ流し、早苗もだらしのない姿のまま、白濁を吐き戻す。
 「は……ひゅ…ひ…ひゅ…」
 細い管から空気が漏れる音に見れば、美紗に小さな背中が震えていた、喘息の発作である。
 早苗は青くなった、慌てて薬の吸入器を探すが、この状態で手に入る筈もない。
 「美紗ちゃん! 美紗ちゃん!!」
 叫ぶ早苗を余所に、餓鬼達が再び美紗を取り囲む、その肉槍はあれほどの精を吐き出したと言うのに、全く萎えた様子が無い。
 それもその筈、餓鬼という者は満たされる事を知らないのだ。
 
 苦しげに震える幼い少女の身体を、餓鬼達が貪り続ける。
 その名を呼び続けた早苗の声も、もはや枯れ果て、半ば放心状態のまま餓鬼に犯されていた。
 何度も何度も、繰り返し鬼の精を受け、その身は余すところ無く白濁に汚されている。
 そして、そのぼんやりとした瞳が映すのは、同じく餓鬼達に囲まれかくかくと揺れる小さな身体。
 喘息の発作に呻いていた美紗、今やその身体は発作に震える事も無く、細い手足を投げ出したまま、壊れた人形の様に餓鬼の玩具となっている。
 もう子を宿すことも無い小さな身体に、何度も熱い精を注ぎ込み、それでも餓鬼達は飽きる事無く貪り続ける。
 『しかし、さっき一ぺん紙くずのようになった二人の顔だけは、東京に帰っても、お湯にはいっても、もうもとのとおりになおりませんでした。』
 力無く揺れる少女の側ら、置き去られた文庫本がそのままに、もう誰も読むことの無い頁を開いていた。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。