FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山狩りと野伏せり


 昔々、まだ戦が耐えなんだ頃のむごいお話じゃ。
 浅野川という川から近い山間に、小さな百姓村があったてそうじゃ。
 この村には吾兵衛という百姓がおって、吾兵衛には千代という幼い娘がおった。
 働き者の父娘じゃったが、戦があるたびに田畑は踏み荒らされ、村の暮らしはちいとも楽にはならなんだ。
 「おっとう、おら腹へっただ」
 僅かばかりの粟を煮炊きする日が続いて、育ち盛りの千代が腹を空かすのも仕方のない事じゃった。
 「千代、ひもじい思いばかりさせて、すまんのう、わしの粟を分けるだで、辛抱しとくれ」
 「おっとう…」
 吾兵衛は可愛い千代の為にと、僅かの粟を分けて、何とか千代に腹たんとの飯を食わせてやりたいと、悲しみに暮れておった。
 
 ほんなある日の晩、村長の家に村の男衆が寄って、話をしておった。
 「村長どおするだぁ、もう村の蔵には米の一粒も残きまっしえだよ」
 「わしの所もじゃぁ、もう粟すら残ってねえだ、このままじゃぁ皆飢え死にじゃぁ」
 男集は口々に何とかならんものかと村長に訴えだが、その村長ですらろくに飯を口にしとらん有様じゃった。
 「そういや…山向こうで、また戦があってんてそうじゃ、負けたさむれえが何人も山に逃げ込んだとか」
 不意に彦六という男が口を開いた、彦六はちんと下を向いたまま言葉を続けて。
 「もう戦はいやじゃ、わしらがいくら田畑を耕しても、戦のたびに皆さむれえが踏み荒らして、わしらはいつも逃げ回るばっかりじゃ」
 「なあ皆の衆、このまま植えて死ぬくらいなら、いっそ山狩りをせんか?」
 村の男衆はぎょっとして顔を見合わせておった、刀や鎧を売れば確かに食べがを買えるじゃろうが、落武者といえ相手は侍じゃ。
 「……わしゃあ、やるぞ」
 最初に声を上げたのは吾兵衛じゃった、日に日に痩せていく千代に何とか飯ば食わせたいと、吾兵衛の望みはそれだけじゃったがや。
 「わしも…やるだぞ」
 「わしもじゃ、このまま飢えて死ぬくらいなら、さむれえに思い知らせてやるだ」
 「そうじゃそうじゃ、わしらがこうなったのも、もとはと言えば戦のせいじゃ」
 男衆は吾兵衛に続くように、次々を声を上げて行き、最後に村長だけが黙っておったが。
 「村長、わしらこのまま死ぬのは嫌じゃ、覚悟決めるだよ!」
 「女房や童を食わすには、これしかないんじゃ!」
 「村長ぁ!」
 黙ったままで目を瞑っておった村長じゃったが、やんわっと目を開くと搾り出すような声で呟いたじゃ。
 「しかたねえ…落武者狩りじゃ、山狩りするだよ…」
 
 村長の言葉に男衆はすぐさま山狩りの準備に取り掛かった、鍬や鎌それに竹槍を手に持って松明を掲げながら夜の山に分け入って行く。
 「さむれえだぁ!さむれえがおったぞぉ!!」
 男衆は口々に声を上げて、落武者達を追い回しておったがや。
 山歩きに慣れた百姓達に対して、落武者達は真っ暗の中、右も左も分からず逃げ回っっておったが、やがて追い詰められては次々と竹槍を突き立てら、逃れたがも崖から足を踏み外して、大勢の侍が命を落としたそうじゃ。
 
 やがて、夜も白んで来たころじゃ、村の小屋では目を覚ました千代が、吾兵衛の姿が見えない事に気付いて探しておった。
 「おっとう、どこ行っただあ」
 家の中をうろうろと歩いておった千代じゃったが、納戸の方からかたりという音を聞いて、様子を伺いに向かってそっと覗き見た。
 「おっとう?」
 納戸を覗いたちよは、腰を抜かす程に驚いた。
 納屋におったのは、傷だらけの侍じゃった、戦で傷を負ったのか、左目を布で覆って隠しておった。
 「…み……みずじゃあ、みずを…」
 立ちすくんでおった千代じゃったが、侍の声を聞くと柄杓で水を汲み、おそるおそる侍に差し出した。
 「あ、あの…みず…」
 侍は余程喉が乾いておったのか、柄杓を引っ手繰る様に取ると水をぐびりと飲み干した。
 「まだ…おるだか?」
 侍が頷くのを見て、千代は再び水を汲み直した。
 「千代、千代ぉ、いまけえったぞぉ!」
 吾兵衛の声を聞き振り返った千代じゃったが、侍の事を思い向き直ると、その姿はかき消す様にいなくなっておった。
 「千代、どおかしただかぁ」
 「いんや、なぁんもねえだよ」
 何故だか、千代はさむれえの話をしてはいかん気がして、とうとう吾兵衛にこの事を話す事はなんだそうじゃ。

 「米の飯じゃ、おっとう米の飯じゃ」
 「そうじゃそうじゃ千代、遠慮はいらん、たんとお食べ」
 村の男衆は山狩りで得た刀や鎧を市で売ると、早速食べ物に代えて持ち帰った。
 千代は大層に喜んで米の飯を腹たんとに食べ、吾兵衛もその姿に目を細めて喜んでおった。
 市で得た食べ物は思いの他に多く、村の者は何事もなく冬を越え、春には畑を耕し夏が過ぎて、もう秋の刈り入れを目の前にしておった。
 一年前には痩せ細っておった千代も、今ではすっかり顔色も良くなり、見た目も幾分娘らしく育ってきたようじゃった。

 ところが、いよいよ刈り入れの日となって、村は野武士の襲撃を受けおった。
 始めに野武士を見たのは彦六じゃった。
 「お、おめえら、一体何事じゃ!」
 彦六は山間から駆け下りる野武士を見て声を上げたが、その直後には槍で胸を突かれて息絶えた。
 「野伏せりじゃぁ!! 野伏せりが来たぞぉ!!」
 村の百姓等は声を上げ、木版を打ち鳴らしたが、既に野武士達は村の中を駆けておった。
 この野武士等こそは、村の山狩りにあって命からがら落ち延びた落武者達じゃった、闇夜に竹槍で追われた恨みを晴らさんと、村の刈り入れを虎視眈々と狙っておったのじゃ。
 「殺せ!奪え! 今こそ先の恨みを明らめよ! 女ねんねとて容赦すれな!」
 頭目の言葉に、野武士達はここぞとばかりと、村人を追い立て槍や刀を突き立てていきおった。
 男衆は言うまでもなく、土間や納戸に隠れた年寄りや童までも引きずり出しては切り捨て、女房や娘共は力尽くに犯されておった。
 食べ物や女を奪うだけならここまでせんとも済む事じゃが、落武者等は恨みは底知れず、村人達を執拗に追い立てては次々に切り捨ててしもうた。

 「千代、床下に隠れるんじゃ、決して出てきてはいかんぞ」
 「おっとう、おっとうは?」
 「わしは、様子を見て来るだで、いいな、出てきてはいかんぞ」
 そう言うて戸口に向かった吾兵衛じゃったが、同時に入って来た野武士と鉢合わせとなり、逃げる間もなく一刀に切り捨てられた。
 「ち…ち……よ…ぉ……」
 吾兵衛は仰向けにどうと倒れると、娘の名を最後にあっけなく事切れてしもうた。

 「おっとう! おっとおおっ!!」
 吾兵衛の躯に駆け寄った千代じゃったが、野武士の姿を見て息を飲んで立ちすくんでおった。
 左目を布で覆ったその野武士は、紛れも無くあの山狩りを逃れて、千代に命を救われた落武者じゃった。
 「お前……あん時の童か……」
 片目の方も、千代が柄杓で水を差し出した娘だと気付いた様じゃった、振り上げていた太刀を降ろし千代の方へと歩き出したが、途端に千代がはじける様に叫びおった。
 「なんでじゃ! なんでおっとう殺しただ! なんでさむれえは、こんなひどい事するだ!!」
 突然降りかかった理不尽じゃ、千代は泣きじゃくりながらも大声を上げたが、それは片目の無念を怒りに荒立ておったがや。
 「何ぞ!! 戦傷が我等を竹槍で追い回し、幾人もの仲間を殺めたは貴様らぞ!?」
 「落ち延びたわし等が木の根を齧りておった時、貴様らは山狩りにて手にした米をば食らっておったに!? まこと、百姓という輩は油断も隙もない怪がぞ!」
 「………っ!!」
 片目の言葉に千代は言葉も無く立ち尽くておった、よもや自分の食べた米が、侍達の命を奪って手にしたがとは思ってもおらんかったからじゃ。
 「副頭目、如何に」
 片目の怒声を耳にしてか、幾人かの野武士が板の間を踏み鳴らして、小屋に入ってきおった。
 「おお、童じゃ、童がおったぞ」
 「こん百姓めが、まだ隠れておったか」
 野武士達は、各々が爛々と恨みを湛えた目を千代に向けており、当の千代はその恐ろしさに、震えて立ち尽くすばかりじゃった。
 「副頭目、この童如何にするつもりで?」
 野武士の言葉に片目は唇を噛んでおった、千代に命を救われた事を忘れた訳ではなんだが、この期に及んでは百姓共への恨みを抱えた手下の納まりも付くまい、まして頭目こそが皆殺しにせよと声を上げとる以上、既に収める術は無いのじゃった。
 開いた片目が怯え縋るような千代の眼を捕らえたが、そのまま目を伏せると振り向きざまに呟いた。
 「……お主等…好きにせい…」
 片目が小屋を後にした時、背後に娘の悲鳴が響き上がったじゃ。

 千代は瞬く間に野武士等の手に捕まってしもておった。
 荒々しい手から逃れようと暴れる千代でじゃったが、その度に粗末な着がは解れて、合わせは着崩れながら細い脚までもが露になっておる。
 「あれ、いや…いやじゃ、はなしとぉ!」
 童女から娘になりつつあった千代の慎ましい乳房が胸元から覗くと、野武士等は更に荒々しく千代の身体を捕らえ嬲ろうとしよる。
 「こん百姓娘が、大人しくせんか!」
 「よもや、楽に死ぬると思うでないぞ」
 いくら暴れようと所詮は幼い娘じゃ、小枝の様な手首は野武士の掌に捕われて、力尽くに倒されてしもうて。
 千代の幼き乳房は、仰向けにされとるとまるで童女の様にその形を隠してしもておるが、手を伸ばし乱暴に掴んでみると、確かに娘らしい柔らかさも持ち合わせておった。
 とは言え、未だ娘盛りには早過ぎる千代の乳房は先端の尖りも成っておらず、内には固い芯も残したままで、野武士等がそれを乱暴の弄ぶと、千代は痛みに声を上げ身悶えおった。
 「いたいっ! いたいのいやじゃぁっ!! やめとぉっ!!」
 「ふむ、童女らしい未熟な乳じゃ、これではちとが足りぬ」
 野武士の手が千代の悲鳴も構わずに幼い乳房を力尽くに絞り上げよった、無理矢理に作られた小振りな膨らみは痛々しく、内にある芯を潰さんばかりの痛みに未熟な頂が桜色に充血して、ぴんと隠れていた尖りを表したがや。
 「ほう…見よ見よ、この娘、童のくせに乳首を起たせおったぞ」
 「どれどれ、まこと卑しき百姓じゃ」
 野武士等は「ひいひい」と泣きじゃくっておる千代の尖りに歯を立てて、娘に成りきらぬ未熟な身体を弄び責め苦を与え続けおった。

 やがては、ぐったりとして荒く息をするだらりの千代じゃたが、野武士等は更にその身体を貪ろうと、乱れた裾から覗くか細い脚に手をかけ開き覗こうとすれんて。
 幼い娘とは言え千代も恥じらいを知る歳じゃ、がっぱっなって脚を閉じようとしよったが、野武士の力には叶わず震える脚はやんわと開かれ、遂には野武士等の眼前に秘部を晒してしもうた。
 まるで蛙の様な格好で囚われた千代、娘に足りぬ未熟さ故か、晒された下腹には若萌えの蔭りもなく、ただ固く閉ざした蜆貝の様な縦割れがあるだけじゃった。
 「いやいや、まことに童女のままじゃ、これではわしの槍では貫けぬか」
 「なに構う事は無い、どうせ殺すのじゃ、壊れようと無理矢理突き立ててしまえばよい」
 野武士等の話に千代の顔がひどく青ざめておった、悲しいかな色を知る歳ではなくとも、野武士等が自分を辱めて殺そうとしとる事は分かりおる。
 「い…いや、いやじゃ、死にたくねえ、死にたくねえだ…」
 はらはらと涙を流して懇願する千代をよそに、野武士の指は閉ざされた蜆貝を割り隠されていた秘肉を覗く。
 いや、それは秘肉と呼んでよいものか、未だ娘としての器も整わぬそこは、鮮やかな桜色のまま襞も小さきままつるりといとる。
 「ひいぅっ!!」
 洞とも言えぬ様な小さな窄まりに、野武士の太い指がねじ込まれた、千代は己の中に入り来る異がの傷みと不快感に身体を引き攣らせるが、野武士の指は侵入を阻む様に閉ざした固い洞壁をかき分けて、未熟な陰を蹂躙すれんて。
 「ふむ、ちと浅いが仕方あるまい」
 そうゆうて指を抜き取ると、野武士は猛々しくそそり起った肉の槍をしごきあげ、千代の蜆貝に突きつけおった。
 「い、いたいっ!! やめっ…しぬっ!死んでまううぅぅっ!!」
 野武士が細い脚を抱えて腰を進めると、めりめりと秘孔を割り来る肉の槍に千代が悲鳴を上げる。
 千代は小さな身体を仰け反らせながら、恐ろしき槍から逃れんとしおったが、その身体は幾人もの野武士に抑えられ逃れる事は叶わんげんて
 肉の槍は蜆貝の閉ざしを割り、秘孔を裂きながら、遂にはその槍先を陰に埋める。
 生娘の証に槍先が当たりて既に身を引き裂かれる様な痛みに、千代は苦悶の声を上げ身体を震わせるが、野武士は無情にも娘として未発達な狭い腰に向かって、一気に槍を突き入れたが。

 「きひいいいぃぃぃぃっ!!」
 千代の小さな身体がびくりと仰け反り、眼を大きく見開いた。
 幼裂をぎちりと開いて突き入れられた肉の槍は、狭い秘洞を貫き胎の奥、いつかやや子を授かるまで健やかに育つ筈であってんて器までを突き上げとった。
 千代は臓腑の奥まで槍を突きいれられた様な責めに、小さく身体を震わせながら途切れ途切れに息を吐いておる。
 「…か……はぁっ…あっ……」
 野武士は既に己を失いかけとるような千代に向かって、未熟な身体を壊さんとばかりに腰を叩きつけおった。
 童ではないものの未だ娘とも言えない様な千代と屈強な野武士では、その身の丈が吊り合う筈も無く、いやそもそも千代自身、男と交わるには早過ぎると言わざるを得んげんて。
 細い脚を揺らしながら小さな身体ががくがくと揺れば、つるりとした下腹が肉槍の形に突き上げられおる、痣や噛み跡も痛々しい幼い乳房はふるふると小さく跳ねて、愛らしい筈の小さな唇からは悲鳴ともつかない息が途切れ途切れに漏れておる。
 その様な千代に対して、野武士は一層激しく突き入れる、まるで磔刑に上がった罪人に対して何度も何度も槍を突き刺すが如くじゃ。
 そして、野武士は千代の細い腰を掴んで胎の奥まで突き上げると、身体を震わせて白粥の如くにどろりとした精を吐き出しおった。
 二度三度と、未だ子を成す準備も整っとらん千代の胎に、熱くに沸いとる精が注ぎ込まれおる。
 野武士が満足そうに離れると、千代は仰向けのままぐったりと横たわったじゃ、手足を大きく広げたはしたない格好のまま、時折身体が痙攣する度に、真っ赤に腫れ上がった幼裂から白粥の様な精がごぼりと溢れ出おる。
 「…あ…は……あ…」
 呆けた様にぼんやりと見開いた瞳、千代は既に我を失っとったげん。
 その小さな身体に抱えた幼き魂は、野武士の責め苦に耐えられなんだのじゃろう。
 じゃが、それでも野武士たちは飽きる事もなく千代を犯し続けたんじゃ、ぐったりと為すがままの幼い娘を、何度も何度も乱暴に貫いて、つるりとした胎を突き上げては、小さな唇を割って喉奥まで犯し、野武士等のむごい仕打ちは何時終わるとも知れんかったがじゃ。

 「何卒かしたか?」
 村の辻で馬を穿いたまま、呆然としていた片目に寄る野武士がおった。
 他の野武士等に比べて一際立派な大鎧を纏った野武士、この男こそが野武士等を率いてきた頭領じゃった。
 「いや…何事も……」
 「左様か、わしは貴様がてっきり野武士が嫌になったのかと思ったぞ」
 片目の顔を横目で見ながら笑う頭領に、片目は一瞬ぎょっとしおったが、直ぐに固い表情を取り戻したじゃ。
 「何をゆうてよう、左様な事は、ござらん」
 「ははは、結構結構、左様であればあの程度、いかがと云ふ事もないであろう?」
 頭目につられて目を向けた片目は、あっと声を上げそうになり、慌ててそれを噛み殺した。
 片目の見る先には、納屋に括り付けられる様に吊るされた千代の姿があってんて。
 どれほど間、野武士等に犯され続けたのか、小柄な身体から禿に揃えた髪に至るまで、白粥の様な精に汚されておって。
 そして、その細い脚の間、蜆貝の様な小さな縦割れを深々と貫いていたのは、一本の太い竹槍じゃった。
 おとらく竹槍は臓腑まで達しとってぇ、既に千代が事切れておるのは明らかじゃった。
 片目は固く唇を噛んでおったが。
 「何事も…ぬぞ・・・」
 片目を閉じてそう呟いと馬を進め、頭目はさも楽しそうに笑うと轡を並べて、野武士等に引き上げの声を上げおった。
 それ以来、野武士等は山を根城にしながら、ずいぶんと村々を荒らし回ったそうじゃ。
 稲の刈り入れが近くなると、山に高台から村を見下ろして。
 「やるか!あの村も!」
 そう頭目が声を上げ、村々の百姓達はその声と蹄の音に怯えておって。
 野武士等は、やがて死ぬまで村々を暴れ周り、それは恐れられたそうじゃ。

スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。