FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤熊の贄


 東部の外れ、ベルリンから離れたこの小さな村では、戦争はラジオの放送で聞くばかりの出来事であった。
 針葉樹に囲まれた痩せた土地を耕し、僅かな家畜を糧とする、決して豊かではないが平穏な日々。
 しかし、拡大する戦火は遂には東部にも及び、数日前からこの村にも国防軍が駐留していた。
 幼いハンスは「本物の兵隊だ!」と兵士達の間を飛び回り、彼らの語る武勇伝に蒼い目を輝かせていたが、姉のグレーテは怖いもの知らずのハンスに、ひやひやとしながら兵士達に頭を下げて回っていた。
「いやいや、迷惑な事などないさ、こちらこそ村を騒がせてすまない」
 当初、銃を携えた兵士達に恐ろしげな印象を抱いていたグレーテであったが、以外にも気の良い彼らの言葉に何時しか馴染む様になり、くたびれた軍服の繕い等を手伝う様になっていた。
 今では、兵士達も元気に駆け回る金髪の少年と、後を追いかけて回る少女は、兵士達の一寸した人気者である。
 まして、グレーテは未だあどけなさの残る少女であるが、三つ編みにした金髪にそばかすすらも愛らしく、若い兵士の中には、こっそりと森で摘んだ花を手渡す若い兵士もいた。
「おねえちゃん聞いてよ、ぼくと同じ名前のパイロットが総統から金色の勲章をもらったんだ。」
 兵士達に混じってラジオに耳を傾けていたハンスが、無邪気に声を上げる。
「ぼくも大きくなったら兵隊になって、きょうさんしゅぎしゃをやっつけるんだ!」
 その言葉に思わず顔を曇らせるグレーテ、彼女は何も知らないハンスが兵士に憧れていくのが不安であった。
「はは、坊やが大きくなる頃には、戦争は終わってるさ、その頃には兵隊なんかにならなても、この大ドイツで坊やは学者にだってなれるさ。」
「えー、ぼくもぜったい兵隊になる」
 グレーテの顔色を察した兵士がハンスに話すが、グレーテの胸には拭い切れない不安が残ったままであった。

「おい敵だ!イワンの奴らが来やがった!」
 兵士の声に緊張が走り、辺りはにわかに慌ただしくなった。
 先ほどまで笑い合っていた兵士達は、その顔つきも険しく森の中から白い平原を見渡す。
「畜生、T-34だ!!奴ら戦車を持ってやがる!!」
 兵士の声を掻き消す様な轟音と共に、10メートルも離れていない場所でカラマツの幹が吹き飛んだ。
 同時に雪原から湧き出したかの様な敵兵が、万歳を叫びながら突撃して来る。
 国防軍の兵士達も、すかさずMGで応戦するも、敵兵は倒れた味方を踏み越えて、歩みを止める事無く突撃して来る。
「イワンめ何のつもりだ!自殺者の群れか!?」
 何かに追いたてられる様に射線に飛び出してくる敵に、MGを撃つ若い兵士の顔が青ざめる。
 理解し難い狂気の突撃、しかしそれは屍の山を築きつつも、国防軍の兵士の戦意を蝕みながら、じりじりと距離を詰めて来る。
「なんなんだアイツら!!もう嫌だ!奴ら狂ってやがる!!」
「馬鹿野郎!立つな!!」
 狂気に当てられ、思わず立ち上がった兵士の体が、ぱしりと跳ねた。
 両手を広げて倒れる兵士、その胸は紅に染まっている。
 
 心の準備もなく始まった「戦争」にただ立ち尽くしていたグレーテは、若い兵士の死を目の前にようやく事の次第を認識した。
「おい、何してる!早く逃げるんだ!」
 叫んだ兵士の声は、その身体ごと爆音と煙にかき消された。
 見れば敵の戦車は、突撃する兵士を追い立てるかの如く、森に向かって随分と迫って来ている。
「ハンス!逃げるのよ!!」
 グレーテは隣に立つハンスの小さな手を、しっかりと握って走り出す。
「やだ!ぼくもたたかうんだ!」
「馬鹿なこと言わないで!!早く逃げるのよ!」
 敵味方の叫びが恐怖となって心を蝕む。
 銃声が耳を劈き方角すら惑わせる。
 そして、それらをかき消す轟音に木々が弾け森が裂ける。
 ハンスの手を引き闇雲に走るグレーテ、その小さな身体に突如として轟音が叩きつけられ、上も下も分からぬまま地面に打ち付けられた。
 ほんの一時意識を失っていたか、轟音と銃声に目を覚ましたグレーテは、痛みに軋む身体を起き上がらせる。
 そして、決して放すまいと握ったままの右手に力を込めて。
「大丈夫ハンス?走るわよ!」
 幼い弟に声をかけ、その右手の先を。
「ハン…ス……?」
 その右手の先には、何も無かった。
 しっかりと握られた小さな手、その肘から先にある筈であったもの。
 山リスの様に走り回る小さな身体、癖の無い柔らかな金髪、姉弟ともそっくりだと言われた蒼い瞳、その何れもがそこには無かった。
 
「い……いやああああああああああっ!!」
 蒼い瞳を見開いて悲鳴を上げるグレーテ。
「ハンス!何処なの!お願い返事をして、ハンス!!」
 小さな手を握り締めたまま、取り乱して弟の姿を探すグレーテ。
 あれ程に煩かった銃砲の音も、今は何も聞こえず、ただキーンとした音がするだけ。
 戦火の中、ふらふらと歩きながら弟の名を叫び続けるその姿は、およそ正気とも思えない姿であった。
 そして、そんなグレーテを余所に、村では殺戮が始まっていた。

 無数の屍を築きながら突撃した敵の兵士達は、国防軍兵士の胸に銃剣を突き立てると、そのまま小屋に火を付け今度はその銃口を村人に向けた。
 己らが流した分の血と同じ命を望むのか、焼け出された村人に銃弾を浴びせ、血煙のなか略奪と陵辱の宴が始まる。
「ハンス何処なの?!ハンス!」
 戦火の狂乱の中、ふらふらと歩き回る少女は、野獣達にとって格好の獲物であった。
 飢えた兵士が、山熊の様に襲い掛かり、グレーテの小さな身体を引き倒す。
 年端もいかぬ少女を組み敷いた兵士が、狂気を孕んだ笑いを浮かべた髭面を近づけ何事か呟くが、グレーテには何も聞こえない。
「いやあっ!ハンス!ハンス!!」
 じたばたと暴れるグレーテを力付くで押さえつけ、スカートを捲り上げると乱暴に下着を剥ぎ取った。
 未だくびれも目立たぬ少女の細い腰が露になる。
 か細い脚を兵士の逞しい掌が割り開き、微かな産毛の下、未成熟に閉じた縦割れに、グロテスクな陰茎を突きつけた。
 硬くそそり起つ肉の凶器が、みりみりと少女の砦を攻め立てる。
 泣き喚く少女の胎奥にそれが突きたてられた瞬間、グレーテは悲鳴を上げる事すら出来ずに、がくんと身を仰け反らせた。
 
 年端もいかない少女には不釣合いの剛直、それが未成熟な幼裂を割り開き狭い秘洞を引き裂きながら、胎奥を突き上げる。
 身体を引き裂かれる様な苦痛に、グレーテは泣き叫びながら細い脚をばたつかせるが、そんな事は兵士の嗜虐心を煽るだけである。
 兵士は獣欲のままに、少女の身体を蹂躙する。
 華奢な身体を押し潰さんばかりに圧し掛かり、力任せに幼い子宮まで叩きつける。
 がくがくと揺さぶられる少女の身体、兵士はグレーテの細い腰を掴むと無理矢理に最奥まで突き入れ、幼い子宮に熱い白濁を叩き付けた。
 びゅくびゅくと腰を震わせながら欲望の塊を吐き出す兵士、年端もいかない身には過ぎた陵辱に、グレーテは力無く身体を横たえる。
 無残に割り開かれた様裂から、ごぼりと白濁があふれ出す。
 しかし、兵士達の狂乱は未だ収まりはしなかった。
 別の兵士がグレーテの身体を後ろから捕まえると、胸元に手を伸ばし力尽くにブラウスを引き裂いた。
 小振りに突き出した膨らみかけの乳房が揺れる、兵士の掌が力任せに掴むとグレーテはびくりと痛みに身体を震わせるが、兵士はそんな事には構わず固さの残る乳房を弄ぶ。
 そして、そのまま己の剛直を陵辱の後も痛々しげなグレーテの縦割れに、下から突き入れた。
 まるで下から串刺しにされたかの様なグレーテ、兵士が獣欲のままにを突き上げられる度、華奢な身体が踊り膨らみかけの乳房が跳ねる。
 最早、意識も朦朧としているグレーテの前に立った兵士は、黄金色の三つ編を掴むと小さな唇をこじ開けて、そそり起つ剛直を喉奥に突き入れた。
 狭い咥内に収まりきらぬ剛直を無理矢理に突き入れられ、限界まで開かれた唇から苦しげな吐息と唾液が漏れて、ひどく下品な音を立てる。
 下半身を貫く剛直は未成熟な身体の下腹まで突き上げて、愛らしい唇を割った凶器は狭い喉奥まで蹂躙する。
 年端もいかぬ身体を散々に弄んだ兵士達は、やがて少女の内へと欲望の塊を放つ。
 既に心身をすり減らしたグレーテは、山熊の様な獣たちの精を受け入れるしかなかった。


 東部での戦闘が激しさを増す中、森林地帯に進攻していた赤軍を駆逐した武装親衛隊は、一人の少女を保護した。
 そこに在った筈の小さな村は徹底的に破壊されており、軍属・民間人を合わせて、唯一の生存者であった。
 しかし、少女は赤軍によって目を覆うばかりの暴行をうけており。
 武装親衛隊が保護した時には心身を喪失した状態であり、肉親のものと思われる小さな腕を抱えたまま「ハンス…ハンス…」と虚ろに繰り返すばかりであったという。

スポンサーサイト
[PR]

第九回秘話 董太師 誅に伏し、董白 刑に処される


 さて、長安にて専横をきわめた董太師が、養子である呂布に討たれし後、
 都の人々は、兇賊ここに果てりと大いに喜んだが、郭シ、李カクら涼州の軍勢が再び天子を奪うべく長安を襲撃せんとして、天下は未だに麻の如くに乱れていた。
 これに対して司徒王允は老いた眉をきりきりと逆立て、
「涼州が奸賊、許すまじ」
 と大いに怒りて、呂布と計ると長安に居た董旻をはじめとする董卓の一族幼老を捕らえ、その尽くを皆殺し董卓の屍と一緒に火に投げ込んだ。
 夜営の兵が戯れにと董卓のへそに挿した灯心が、数日間を過ぎて燃え続ける様や、これぞ天の怒りと広まりて、董氏復せむべしと人々を駆り立てた。
 さて、かつて董卓が太師となりては、一族の男子はもとより未だ道理の知らぬ幼子までに官位を与えて、朝廷を専横せんとしていた。
 董太師の孫娘である董白は、未だ簪も挿していない姑娘であったが、かのような子供までもが渭陽君へ封ぜられ領地と印綬が与えられた。
 しかして、幼い董白には印綬の重きも知るべくもなく、佞臣の言うがままになるばかりで、何の自覚も無く董太師の悪行に加担する事となった。
「董氏誅すべし」
「董氏復せむべし」
 呂布の兵達には董卓の暴虐に怒りし民までが加わり、董氏の屋敷へと攻め入った。
 董卓の亡き今となっては、屋敷を守りし兵も我先にと逃げ出して、逃げ遅れた使用人は次々に討ち取られた。
 屋敷の攻め入りし兵が見るには、かつて董卓が富豪や天子の陵より奪いし財宝が所狭しと並んでおり、
「涼州の山賊めが、洛陽長安で奪いし財は我らのものぞ」
 もとより王允の姦計にて董卓を討った呂布の兵に大儀がある筈もなく、絹や玉を目の当たりにすれば、賊と同じくして略奪を良しとした。
 かくして兵士達は、財宝はもとより逃げ惑う女官達までをも追い回し、力尽くで奪い犯して行った。
 逃げる女官の帯を捕らえてうつ伏せに組み伏せたる兵士は、紅い刺繍の裾を捲り上げるや否や、鶏舌を除かせる花の芯に自らの麈柄を突き入れる。
 あわれなる女官が鶏の如き甲高い悲鳴を上げるも、兵士は檄を振るうが如く乱暴に紅い花を貫いて。
 はたして生娘であったか、女官の初い羽毛は赤露に濡れていたが、兵士は容赦する事もなく、衿から零れし軟い房に爪を立てる。
 かの如くに兵士達は、歓声を上げながら略奪を働きて、玉も女も欲しいままに振舞った。
「見つけたぞ、董の孫娘じゃ」
 櫃の物陰にて身を縮めていた董白を見つけ、兵士が声を上げた。
「まさしく董白、かような所に隠れておったか」
「引き立てよ、洛陽の民に代わりて誅罰を下してくれる」
 兵士はもとより、民までもが混じりて、震える姑娘をひしひしと取り囲んでは、か細き腕を掴んで引きずり出した。
「あれ誰か、誰か助けておくれ、お爺さま、お爺さま」
 渭陽君とはいえ幼き子供に過ぎぬ董白は、はらはらと泣きたるが、
「ほざくな、奸賊」
 兵士の大喝に、息を飲み身を竦ませた。
「国賊董卓は誅に伏したぞ、おのれら一族の犯せし悪逆を忘れてか」
 民や兵士、大いに怒りたるも、もとより言われるままに印綬を用いていた董白は己の罪を知る由もなく、ただ震えるばかりである。
「悪逆董卓が孫娘、姑娘と言えども容赦はせぬぞ」
「然り、あの董卓が為に、如何程の女子供が殺された事か」
「君臣を弁えぬ奸賊め、眼をえぐり、耳と鼻をそぎ落として、凌遅に処しても飽き足らぬ」
 さても民の怒りや凄まじく、これに中てられては幼き董白、気を失わんばかりによろめいた。
「姦族に絹の衣は過ぎたるもの、かの様なものはこうしてくれる」
 小さき身を包む絹衣を乱暴に剥ぎ取られ、董白はその白き身体を男達に晒す事となった。
 未だ簪も挿さず子供と言えり董白であるが、白梅の如く細き肩は艶かしく、房とは言えぬ迄もその胸は姑娘らしく膨らみかけていた。
 これには、取り囲ぬ男達も思わず唾を飲み込みて、
「涼州の人は獣の如くに毛深いと聞いておったが、これはまるで翡翠玉の様じゃ」
「いやいや、未だ隠している所があろう、獣の如くかどうか隅々まで開き見てくれる」
 男達に取り押さえられ、細枝の如き手足に縄を掛けられし董白は、
「後生じゃ、止めておくれ」
 と涙ながらに許しを請うが、力付くに縄が引かれたるや、細い腰が裂けんばかりに四肢が開かれ、董白は悲鳴を上げる。
「ははは、良い格好じゃ、このまま車裂きにしてやろか」
「しかして、獣の如くと思うたが、羽毛どころか鶏舌すら見えぬぞ」
 痛々しき程に開かれた董白の芯や、すべすべとした白桃の如く閉じて、花弁も開かぬ蕾であった。
「さて、このまま辱めてようかと思ったが、こうも小さき蕾ではわしの矛も通らぬ」
「なに構うことか、矛であるなら無理にでも貫いてしまえば良い。それとも、こちらの矛を使うが良いか」
 と兵士の一人が手に持った矛を白き腹に向ければ、董白は振るえし眼に涙を溢れさせて頭を振る。
「いやいや、このまま矛で貫くも良いが、ここに面白き物がある、先程に見つけし春薬だが如何する」
「おお、それは面白き考えじゃ、早速試すとしようぞ」
 と、兵士は董白の口を開くと、小さき白陶の壷を傾け一滴残らず細き喉に流し込む。
 すると、董白の白き肌が僅かのうちに紅梅の如く色付き、小さき唇の間から熱き吐息が漏れた。
 幼き身体には過ぎたる春薬の為か、高熱に浮かされた如くに眼はまたたき、未だ形も成しておらぬ胸の頂が痛々しく尖り、飾り気のない無垢な白桃は震える様にわななきて、幼いき身には有り得ぬ蜜がしとどにあふれ出す。
「見よ、産毛も無き白桃が、貝の如くにわなないておる」
「やはり姦族の血じゃ、姑娘の身で卑しきことよ、どれ」
 男の指が白桃に触れれば、それだけで董白は雷に討たれたかに、小さき身を跳ねかせて熱き波に焼かれる。
 激しく上下する胸の内は苦しい程に高鳴りて、幼き心は熱き荒波に弄ばれる。
 蜜に塗れそぼる白桃を割りて見れば、淡い蕾の奥で小さき壷口が淫婦の如くに蠢いて、未だ知らぬ筈の男を誘う。
「どれ、姦族の毒婦めが、さほどに欲しければ矛をくれてやる」
 男は自らの矛先を白桃に突き付けると、いとも容易く淡い蕾を貫いた。
 高く細い悲鳴は、惨苦にあるか淫楽にあるか。
 小さき壷口を引き裂いた苦にあっても、春薬に犯されし身は全てを淫の波と変えて、身のみならず心を犯す。
「ほう、姑娘のくせに、小さき壷がわなないておるわ」
 男は壷の奥底まで矛を突き入れ、董白の幼き身を弄ぶ。
 四肢を縛り付けられた小さき身は、成すがままに軋み、矛先が芯の奥を叩く度に尖りし胸が揺れていた。
 董白は小さき唇より熱い息を漏らしていたが、はたして心は何処に有りか、見開いた眼も濁りて言葉も成らず。
「姦族め思い知ったか。今、誅をくれてやる」
 ひとしきり幼き身を貫いた男が、身を震わせて董白の内に子種を吐き出した。
 最早、心までも壊れし董白であったが、女身の性か小さき壷を震わせて子種を吸い上げんとする。
 さて、董白を犯せし男が身を起こせば、すっかりと割れて開ききった白桃から白露が溢れて床を濡らす。
 渭陽君にも封ぜられた貴人には有るまじき姿であるが、もはや董白には意味の無い事であった。
「まだ息があるか、それでは次はわしの番じゃ」
「いやいや、それがしも董卓の孫とあれば、思い知らせてやらねば気が済まぬ」
 男たちは、我先にと争って壊れた董白を犯して行った。
 割れた白桃を貫き、小さき尻えを分け、狭い喉奥まで麈柄を突き入れ白露を注ぐ。
 かくて董白、命尽きるとも陵辱され、董太師と共に長安の炎に消ゆる。
 さて、董氏一族を誅した司徒王允と呂布は、郭シ、李カクらの軍勢に如何に対するか。
 それは、次回で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。