FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「牡牛の教団」が発売されました


 略奪と凌辱がテーマの戦火CGノベルです。

title_20130326220142.jpg


 滅ぼされた村のシャーマンが。
 未だあどけなさの残る少女剣士が。
 暴力に抗う術を持たぬ村娘達が。
 
 野獣の如き教団の男達に、力尽くに凌辱され、
 乱暴に未成熟な身体を果てるまで犯され続けます。
sam1a.jpg

sam2a.jpg

sam3a.jpg

  牡牛の教団
 遥か古代に存在した武装教団
 信者は男性のみで構成されており
 彼等が信仰するのは、力の象徴である牡牛と剣
 また、剣は男性器にも例えられ
 彼らはそれを、聖なる剣と呼んだ
 時に荒々しいまでの手段で、男性器を鍛え上げ
 禍々しい刺青を施した性器を信徒の印とする
 そして、力を信仰する彼等の教義は蹂躙と略奪
 村や集落を襲っては略奪を繰り返し
 若い娘を捕らえては
 聖なる剣で陵辱して、牡牛の神への供物とした
 一時は猛威を振るった牡牛の教団であったが
 偉大な王の出現により、邪教として討伐され
 やがては、歴史の中に消えて行ったという

 前作に引き続き、CG作成はまちだの…様、今回も素晴らしい戦火絵を書いて頂きました。



牡牛の教団
同人ダウンロード

スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。