FC2ブログ
戦火の生贄
戦場での陵辱劇をテーマにした小説を中心にしています。※18歳未満は閲覧禁止
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たとえばこんな「姫」の物語(男の娘注意)


 「おい、やっと見つけたぜ! コイツが姫サンだ!」
 クローゼットの中から、ドレスに身を包んだ小さな身体が、引きずり出された。
 「あうっ!」
 冷たい床に倒れこんだ事で、小さな口から可愛らしい声が零れる。
 ドレスの薄水色によく似合うショートカット、その前髪の奥では、つぶらな瞳が恐怖に潤んでいる。
 「へへ…姫サンよ、かくれんぼは終わりだぜ。」
 取り囲む男の一人が、小さな顎を掴んで、その愛らしい顔を覗き込む。
 「や…やぁっ! 乱暴…しないで……ください…」
 瞳を潤ませて、恐怖に震えるその姿は、男たちの嗜虐心を煽り立てる。
 「ヒッハァ! 乱暴ってのはこういう事かぁっ?」
 男の一人が、その色白な細いを掴んで、拘束する。
 「あっ…やだっ! 放して、はなしてよおっ!」
 必死に抵抗するも、その小さな身体では、屈強な男にかなう筈もない。
 「ほうれ、あんまり暴れると、怪我しちまうぜぇ。」
 突きつけられた短剣に、びくりと身体を硬直させる、直後、薄水色のドレスが無残に切り裂かれた。
 「うひょう、姫サンのお胸は、ぺったんこだぜぇ!」
 「ヒハハハハ、いくらガキでも、ちと発育不良すぎじゃねえかぁ?」
 「おいおい、何食って来たんだ? 姫サンよぉ?」
 男達の笑い声の中、羞恥に顔を赤く染めながら、涙声を漏らす。
 「う…やだぁ……見ないで…はずかしいよぉ…」
 「へへ…どうれ、こっちも方も拝ませてもらおうか。」
 ドレスのスカートをめくり上げ、男の手が下着に掛かる。
 「あっ…やだっ! やめて! そこはダメなのぉっ!!」
 小さな身体が抵抗して、その細い足をばたつかせる程に、男達は興奮し笑い声が響く。
 「ほらよ、観念しなっ!」
 文字通りの絹を引き裂く音がして、フリルをあしらった可愛らしい下着が剥ぎ取られた。

 どっと部屋中に響く、歓声と笑い声。
 男は、目も前の細い足を掴むと、強引にそれを開いて見せる。
 「ヒハハハハ、どうだ? 姫サンのオマン……コ………」
 「………………………………」
 「……………………………」
 「…………………………………」

 「…う……ひっく…こんなの……ひどいよぉ……うええぇ…」
 
 「………チン…コ……だと?」
 「…チンコ…だな……」
 「……ああ…チンコだ…」
 男達は、一様に顔を見合わせる、誰も言葉にはしないが、何れの顔にも「どうすんだコレ?」といった表情が浮かんでいる。
 「……フ…フフ……フハハハハハハハハ…」
 突然の笑い声に、男達はぎょっとして笑い声の主を見る、それは、「姫」を組み伏せ、その下着を剥ぎ取った男だった。
 「フハハハハ…こんなに真っ白な包茎チンコしやっがって、まったく恥ずかしい姫サンだよなぁ、ええ!?」
 「…ふ……うえぇぇ……やぁ…ボクのおちんちん…みないでぇ…」
 「ヒハハハ…いーや見てやるぜぇ、丸見えだぜぇ、お前の恥ずかしいツルツルオチンコがよぉ。」
 「…うっく……ふえぇぇ…もう…いやぁ…」
 羞恥に耐えられないとばかりに、「姫」はその小さな手で、愛らしい泣き顔を覆う、その姿は可憐な少女そのものであった……その股間の幼茎さえ除けばであるが…
 「……アイツ…開き直りやがった…」
 「…スゲェ…ヒャッハーの鑑だぜ…」
 呆然と立ち尽くす男達を他所に、男は健康的に色付いた「姫」の唇を奪う。
 「んんんっ! ふ…んんっ!」
 熟す前の果実にも似た小さな唇、そのぷるぷるとした弾力を割って、男の舌が「姫」の咥内を蹂躙する。
 「ふあ……あ…ん…ちゅ……は…」
 男の為すがままにされる「姫」、己の意思に反した蹂躙を受けているにも係わらず、その細い肩は未知の感覚に小さく震えていた。
 「くく…おいおい、この国の姫サンは、侵略者に唇奪われて感じてるのか? まったくとんだ変態姫だぜ。」
 「……いや、それはお前もだろ。」
 「…大体、「姫」じゃねーだろ、アレ。」
 「…ひっく……ちがんもん…ボク…変態なんかじゃ…」
 「ああ? それじゃあ、コイツは何なんだ?」
 「ひゃんっ!!」
 「姫」の股間に手を伸ばす、男の掌に収まってしまう程の幼茎は、未熟ながらも硬く上を向き、ぴくんぴくんと震えていた。
 「コイツが変態じゃなくて、何なんだ? ええ? 変態姫サンよぉ。」
 「…ふ…んんっ……ちが…んっ…のぉ…」
 真っ赤に染まった耳元で「変態」と囁かれる度、男の手の中で幼茎が跳ねる。
 男はその厳つい手の中で、陰嚢を転がし幼茎をもみ上げる。
 「…ひんっ……やっ…おちんちっ……さわっちゃ…ふやあぁぅ…」
 見た目に野蛮さからは想像し難い男の繊細な責めに、「姫」はその小さな身体を震わせ、男の腕にしがみ付く。
 いつしか幼茎の先からは、透明な雫がこぼれ、男の手の中でくちゅくちゅといやらしい音とたてていた。

 「おいおい、もうぐちゃぐちゃじゃねぇか、これでも変態じゃねぇってのか?」
 男の「変態」いう言葉に、「姫」は再度びくんと身体を震わせる。
 その様子に男はにやりと笑い、「姫」のしみ一つない白い幼茎の包皮をむき上げていく。
 「ひああぁぁっ!!」
 鮮やかなピンク色が先端から顔を出し、「姫」はたまらず悲鳴を上げる、男の手に溢れる雫のお陰か、初めての事にも係わらず、するりと「姫」の包皮は剥き上がっていく。
 「はひぃっ!! らめっ! だめらのぉっ!! さきっぽらめぇっ!!」
 「ああ? ここかぁ?」
 初めて外気に触れたばかりの敏感な部分、そこにとろりと雫を塗りつけながら、指先でさすり上げる。
 とろとろと雫をこぼす「姫」の幼茎、男はもがく小さな身体を抱え込みながら、幼茎をしごき上げ、芽生えたばかりの新芽を攻め立てる。
 「あひぃぃっ!! おちんちっ、なにかきてふゆぅっ!! ひゃふぅっ! おちんちんがっ! とろけちゃゆうぅぅっ!!」
 「おら、さっさと蕩けちまいな、この変態姫!」
 男から叩き付けられる「変態」の言葉に、「姫」は蕩ける様に昇り詰めて行く。
 「やらぁ!! やらやらっ! へんたいやらぁっ!! ボクへんたいなっちゃうよぉっ!!」
 「てめぇはとっくに変態姫だろうが! ええ? この変態め変態姫め!!」
 「はひゃうぅぅっ!! へんたいらぁっ! へんたいれぇぅっ!! ふひやあああぁぁあぁぁぁっ!!」
 ぷぴゅるるるるるっ!!
 細い腰がびくんと跳ね、未成熟な幼茎からは考えられない程、大量の精液が勢いよく噴き出した。
 「あふゅうぅぅっ! おちんちっ…びゅくびゅくっ! とまららいよほぉぉ……」
 半ば放心状態のまま、「姫」は何度も身体を震わせて、ぴくんぴくんと跳ねる幼茎から断続的に白い液体を撒き散らす。
 「……は……ふゃ……ひぅ…」
 初めての射精、魂ごと抜け落ちた様な快感に、息も絶え絶えな「姫」。
 だが、未だ快感の残滓に震える幼茎を、再び捕らえる。

 「あひゃううぅぅっ!! やらぁっ! おちんちっ! ボクのおちんちん、こわれひゃうぅっ!!」
 射精の直後、とても敏感な所を責められ、気も狂わんばかりに悶える「姫」。
 男は後ろから押し倒して、その小さな尻を高く上げさせる。
 肉付きに薄い「姫」の尻は、それでも少女の如くしっとりと柔らかで、まるで極上の絹の様な肌触りであった。
 「……おねがい…だから…んっ……もう…ボクにひどいこと…しなふやあぁぁっ!」
 男の指が柔らかな尻肉にくい込むと、「姫」は白桃の様な尻を振りだらしない声を上げる。
 そのまま、ぐにぐにと柔らかな尻肉を揉みしだく、開かれた甘い果実の奥では、小さな窄まりがひくひくと蠢いていた。
 男は「姫」幼茎からこぼれる雫をすくい取ると、窄まりの回りからゆっくりと塗り付ける。
 「ふやぁ…なんで…そんなとこ……ばっちぃよぉ…」
 排泄の為の器官を弄られて戸惑う「姫」、しかし肝心なそこは、何かを期待する様に収縮を繰り返す。
 「…んっ……ふ…こんなの……へんらよぉ…ふぁ……ひやぁぁん!!」
 つぷりと男の指が窄まりに進入し、「姫」はたまらず声を上げた。
 「ふやぁんっ!! ひゃめぇっ! そんなとこっ…入れたらっ…らめ…なのぉっ!!」
 「くあはは、こんなにもケツ穴ひくつかせて何言ってやがる!」
 固い窄まりをほぐす様に、男の指がぐりぐりと「姫」の中を掻き回し、その「姫」は床に縋り付くかの如く、握った手を震わせながら甘い悲鳴を上げる。
 「おいおい、どうした変態姫。 真っ白な包茎チンコがピクピク震えてるじゃねーか。」
 つい先程、初めての精通で、青臭い精を撒き散らしたにも係わらず、「姫」の幼茎は痛々しい程に硬くなっていた。
 「んふっっ!」
 ちゅぷんと音を立てて男の指が引き抜かれる。
 「姫」はぐったりとうつ伏せて、はぁはぁと息を乱しているが、その瞳はとろりと蕩けている。

 男は「姫」のモノとはとても同じ器官とは思えぬ、赤黒い肉棒をしごき上げると、柔らかな白桃の奥に突き付けた。
 「んひゃあああぁっぁぁぁっ!!」
 まるで、熱い杭を打ち込まれた様な感覚に、思わず悲鳴を上げた。
 小さな窄まりは裂けてしまうかとも思われたが、「姫」のそこは驚くほど柔軟に、男の肉棒を受け入れる。
 「…あ……は…ふぁ…あ……」
 突然の事に、言葉を発する事も出来ぬ「姫」、しかし、その一見苦しげな表情とは裏腹に、小さな幼茎はなお硬くぴくぴくと震えている。
 「くく、姫サンの処女は、俺が頂いたぜぇ。」
 「…あ……」
 男の口から発せられた凌辱的な台詞、その言葉に悲しげな表情でを浮かべながらも、同時にその愛らしい顔は朱に染まって行く。
 「ふゅん…ふ……んぅっ! ひゃ…んふっ! や…あんっ!」
 柔らかな腸奥を、熱い杭に突き上げられ、「姫」はいやいやと頭を振りながら甘い声を上げる。
 「あふっ! やぁっ! おな…かっ!おなふぁっ あついよぉぅっ!!」
 そんな「姫」の声に気を良くしたか、男は気の向くままに肉棒を突き入れる。
 「やっ! やらぁっ!! ボクっ! ボクのおしりぃっ!! こわりぇるぅっ!!」
 「くうっ、変態姫のケツマンコは最高だぜ、お望みどおりっ壊してやるぜぇっ!」
 「んやだぁっ! へんたいやらぁっ!! こわりぇるのやらぁっ!!」
 「何、言って…やがるっ! てめぇのっ、変態っぴりを…よくっ、見やがれっ!」
 「ふあぁぁぁっ!?」
 男は「姫」の顔を、部屋の姿見に向けさせる、そこに映っていたのは、ショートカットの髪を振り乱して尻を振る「姫」の姿、そして、その小さな手は無意識のままに、犯されながら自らの幼茎を掴み、しごいていた。
 「んあっ! こふんっ…なっ! ボクっ ふあぁっ えっちっ! えっちだよぉぉっ!!」
 そう言いながらも、つぶらな瞳は姿見に映った自らの姿に釘付けとなり、幼茎をしごく手の動きは止まらない。
 「どうっ、だっ…このっ、変態姫がっ!」
 「ひんんっ!! へんたひっ! ボクっ…へんたひいいぃぃっ!!」
 「変態」と罵られる度、「姫」のあどけない顔が淫猥に蕩け、包皮ごと摺り上げられる幼芽からは、とろとろと雫がこぼれ落ちる。
 「そう…だっ、てめぇは変態だっ、上手にイけたら、変態姫からっ…変態奴隷にして…やるぜっ!」
 「んあっ…ひゃ…んんっ! ボクっ……へん…たいっ! どれいなるのぉぉぉっ!!」
 男が己の腰を「姫」の尻に叩きつけ、ぶるっと逞しい身体を震わせた瞬間、「姫」は身体の奥に熱い物を感じ絶頂に達した。
 「んひゃああぁぁぁっ!! ひいいぃぃぃっ!!」
 体中が蕩けてしまう様な絶頂の中、小さな手のなか幼茎が暴れ、幾度にも渡って青臭い精を、びゅくんびゅくんと撒き散らす。
 絶頂の余韻のまま、ぐったりと横たわる「姫」、しかしその小さな手は中では、握ったままの幼茎がぴくんぴくんと震えていた。

 「あ…はは……ボク……ボク、変態どれいに……なっちゃったよぉ……」
 涙を流しながら、へらへらと笑う「姫」、しかし、その熱に浮かされた様な顔は、どこか幸せそうですらある。
 一方、男は満足げに立ち上がると、にやにやと「姫」を見下ろす。
 「ククク、これで終わりじゃねぇぞ、たっぷりと犯してやる。 さぁ、次はどいつだ!?」
 「………………」
 「…………………」
 「………………」
 「おいおい、何やってだ!? さっさと、犯っとまいな、この変態奴隷をよ!?」
 「………………」
 「………いや……なぁ?」
 「……俺ら……そういう趣味ねーし?」
 「……ま…まぁ、おめぇの奴隷だ、せいぜい可愛がってやんな…」
 男達は、肩をすくめながら、ぞろぞろと部屋を退出して行き、やがて残されたのは、「姫」と男の二人だけとなった。
 「あ…ふ……ボク、ごしゅじんさまの、へんたいどれいになっちゃった…」
 「姫」いや「もと姫」が、ゆっくりと男を見上げる、頬を赤らめ潤んだ瞳は、まるで「王子様」を夢見る少女の様で。
 「…ボク、何でもするよ、だから…ボクのこと、ちゃんと…変態どれいに…して…ください…。」
 「……ね…ごしゅじんさま。」
 

スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。